読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

抹茶チョコとブラックチョコを市松模様に 和柄の生チョコ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2月14日はバレンタインデー。今年は、大人気のあの模様に見える和柄の生チョコをご紹介します!


くわしい作り方を動画で見られるよ。下の料理の画像をクリックしてね

材料(それぞれ7.5cm四方分)

<黒チョコ>ブラックチョコレート45g(板チョコ1枚分)、生クリーム15g、無塩バター5g、(ブラック)ココアパウダー適宜 <抹茶チョコ>ホワイトチョコレート45g(板チョコ1枚分)、生クリーム12g、無塩バター7.5g、抹茶の粉適宜

準備

 溶かしたチョコは作業中に冷えるとやり直しに……。手際よく進めるため、先に材料を計量しておこう。

■生クリームとバターは冷蔵庫から出して室温に戻す
■チョコは刻んでボウルに入れておく
■牛乳パックとアルミホイルで「型」を作ろう。牛乳パックを3.5cm幅に切り、アルミホイルを底にしいて角に沿って折り上げる。できたら、トレーなどの上に置いておこう

作り方

植野美枝子(うえの・みえこ)先生
植野美枝子(うえの・みえこ)先生

 ブラックチョコもホワイトチョコも工程は同じだよ。ホワイトチョコは特に分離しやすいので、手早く進めよう。

(1)湯せん

 お湯をわかし、80℃くらいになったら、大きめのボウルに移そう。チョコを入れたボウルを重ねて、ゴムべらで溶かしていくよ。

(2)生クリーム加える

 チョコが溶けたら、真ん中に生クリームを少しずつ入れ、小さなホイッパーで真ん中から外側に向かって混ぜよう。ブラックチョコはここでお湯のボウルから外し、ホワイトチョコはお湯の上で作業をつづけよう。

(3)バター加える

 バターを加え、つやが出るまで混ぜるよ。バターが溶けきらなかったら、ブラックチョコもお湯のボウルの上に戻そう。

(4)型に入れて冷やす

 混ざったら3を型に流し入れて、型をゆすって平らにならそう。できたら、トレーにのせたまま冷蔵庫に入れ、3時間~1日かけて冷やし固めるよ。

(5)切って粉まぶす

 牛乳パックの1辺を切ってチョコを型から外し、好みの大きさにカットする。ブラックチョコにはココア、ホワイトチョコには抹茶のパウダーを茶こしなどでふんわりとかけ、市松模様になるようにチョコを交互に置いたら完成です!

無断転載・複製を禁じます
1817880 0 できちゃうクッキング 2021/02/03 17:00:00 2021/02/04 11:53:00 2021/02/04 11:53:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/02/20210203-OYT8I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)