発言小町大賞2013 ベストトピ賞は「毎日イライラ子育てが一転、ニコニコ笑顔になりました」

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 発言小町に寄せられた投稿の中から、今年最も心に残った話題を選ぶ「発言小町大賞2013」。皆さんの投票を基に編集部で最終選考した結果、ベストトピ賞は「毎日イライラ子育てが一転、ニコニコ笑顔になりました」(トピ主:4人ママさん)に決定しました。

 トピ主の4人ママさんは、6歳、4歳、3歳の双子の男児計4人のお母さん。双子には重い病気と知的障害があり、夫は仕事でほぼ不在。子どもをどなってばかりの毎日でした。ところが、テレビでタレントの関根勤さんが「(子育て中は)子供をいかに笑わせるかばかり考えていました。お風呂に入る前にお尻を壁から突き出して振ったりとかね」と話しているのを聞き、実践してみると子どもたち全員が大笑い。それ以来、笑わせようとして向き合うと、子どもたちはとても良い状態になってイタズラも減りました。「生きていてくれてありがとう」と思いながら向き合うのは無理でも、「笑わせてやろう」と思いながら向き合うのは意外に簡単――と投稿してくれました。

 これに対して、同じく子育て中のお母さんを中心に、「しつけは大切だけど、もっと大事なものを忘れていた。涙した」「息子をぎゅーっと抱きしめたくなった」と共感の言葉が多く寄せられました。そして実際に「お尻を振ってみた」お母さんたちからは、「試してみたら効果バツグン」「目からウロコ。笑いって世界を変えるかも」と明るい報告がありました。

 子育ての悩みは投稿されることが多い話題の一つです。厳しい状況を「笑い」を取り入れるという発想の転換で乗り切ろうとする姿に、投票をした人たちからは「人生を楽しく生きるヒントがもらえた」と高く評価されました。選考会でも、子育ては難しく考えるよりも「笑い」を取り入れた方がうまくいくという実践的なメッセージは、孤独な子育てに悩む同じ立場の人たちの力になるのではと、ベストトピ決定の決め手になりました。

 投票をしてくださった皆さん、ありがとうございました。以下、部門賞を発表します。

【部門賞】

やっぱり好きで賞
猫を拾いました 後悔しています 譲渡方法を教えて下さい
(トピ主:秋刀魚さん)
胸きゅん賞
イケメン上司が「クリスマスイヴ、空いてますか?」
(トピ主:Eveさん)
大爆賞
緊張してサムライ言葉に・・・(駄)
(トピ主:ららさん)
ケンミン賞
都道府県の疑問を書くと、そこの都道府県民が答えてくれるトピ
(トピ主:名無しでいいとも!さん)
見習いたいで賞
姑です。嫁が帰った後
(トピ主:えんまんさん)
涙ぽろり賞
シャツの買い置きが終わった(駄)
(トピ主:Mackさん)

417031 0 発言小町大賞 2013/12/15 04:00:00 2013/12/15 04:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20170523-OYT8I50100-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ