文字サイズ
    年間で一番心に残ったトピックを、読者投票を基に編集部が選びます。
    2012年

    発言小町大賞2012 ベストトピ賞は「40歳、初めてのお見合い」

    「40歳、初めてのお見合い」
    (トピ主:アキエ さん)

     

     発言小町に1年間に投稿されたトピックスの中から、一番心に残ったトピックをユーザーと選ぶ発言小町大賞2012。

     パソコンや携帯ユーザーなど計500人から寄せられた投票を基に、編集部で最終選考した結果、今年のベストトピ賞には、「40歳、初めてのお見合い」(トピ主:アキエさん)が選ばれました。

     離婚した母の苦労を見て育ち、母を支えながら2人で生きてきたトピ主のアキエさん。2010年に母が亡くなり、1人になった今、「結婚したい」という思いが強くなり、初めてお見合いをすることになりました。

     どういう服を着て、どういう気持ちで、お見合い相手と会えばいいのか・・・。

     男性と二人きりで話すことすら初体験だと悩むトピ主に、「美容院に行きましょう」「笑顔で、相手を理解しようという姿勢で臨まれたらいいと思います」などたくさんの温かいアドバイスが寄せられました。お見合い後、トピ主の人柄がうかがえるような、ほほえましいエピソードが何度か投稿され、お付き合いがスタートしたようです。

     「私、婚活中ですが、お相手の欠点ばかり探してイヤだ、イヤだと物のように捨てていました。幸せは、そういう心にはやってこないって気付かされました」「人の幸せを祝えるって素敵」「読んだ後、自分にもわずかに幸せを分けていただいた気がします」など、共感の声が相次ぎました。

     今回の発言小町大賞では、事前に発言小町ユーザー有志がメンバーの「発言小町向上委員会」の協力を得て候補トピを選びましたが、今回のトピを含め「アラフォー婚活、成功」トピが、初めて3本エントリーしました。

     東日本大震災があった昨年から、誰かと一緒にいたい、という思いが強くなり、結婚への機運が高まっているという指摘もあります。「年齢の壁」や「孤独」などマイナスイメージが話題にのぼりがちな「アラフォーの婚活」ですが、相手の「条件」ではなく、心の交流を重視するトピ主の姿勢は、多くの人の心を温かくしてくれました。

     部門賞は以下の通りです。

    【部門賞】

    なるほど賞
    スキニーはくと岡っ引き(駄)
    (トピ主:ガムさん)
    びっくりペット賞
    預かった叔母のヨウムに困ってます。
    (トピ主:ケケケヨウムさん)
    口惜しや~賞
    こんなときにイケメンだなんて。(とても駄)
    (トピ主:前もって連絡さん)
    涙ぽろり賞
    三角おにぎりが握れない
    (トピ主:しゅうパパさん)
    食べてみたいで賞
    ウメミヤを探して…
    (トピ主:あんなこんなさん)
    ほっとするで賞
    お隣さんから聞こえた声
    (トピ主:天上の空さん)

    2012年12月16日 04時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング