「家メシ」をドタキャンしたい! 夫の悩みに反響

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 妻が作った夕食を断れず、急な食事の誘いに応じられないと苦悩する男性が、掲示板サイト「発言小町」で「皆さん、家メシのキャンセルはいつまでなら可能ですか?」と問いかけました。

 投稿主のハンドルネーム「B型」さんは、45歳の会社員で、専業主婦の妻と高校生の息子の3人家族。最近、会社の役職も上がり、上司や部下から夕食に誘われることも増えました。ところが、「遅くとも1週間前に飲み会の予定を伝えないと、嫁の怒りに触れ、1週間は怒鳴られ、なじられ、(ののし)られることになります」とのこと。以前、外食の予定をうっかり伝え忘れた時、妻に怒られるのがイヤで、外食してきたのに急いで「家メシ」も食べて就寝し、「翌日から10日ほど胃薬が離せなくなった」そうです。

当日キャンセルOK?

 「家メシ」をドタキャンできる上司や同僚をうらやましく思う「B型」さんが、「いつぐらいまでに申告すればいいのか」を尋ねました。意外にもドタキャンに寛容な意見が多く、「当日でもキャンセルOK」の家庭が目立ちました。「食べなければ、翌日の夕食やお弁当に回す」というのは「もちむぎ」さん。「さくらんぼ」さんのように、「主人が飲み会などでいないと、のんびりできるしラッキー」と感じる人もいます。

飲食店以上にキャンセルに厳格な妻

 とはいえ、やはり「事前にキャンセルの連絡をしてほしい」という本音ものぞきます。最近、飲食店で宴会の予約が無断キャンセルされて、店側が損害を被るケースが相次ぎ、話題になりました。飲食店の多くは、早めに連絡すれば、予約のキャンセルは可能なようですが、1週間前までの連絡を求める「B型」さんの妻は、飲食店以上に厳格と言っていいかもしれません。

 あまりに「ドタキャン」に厳しい妻の態度に、兼業主婦の「あきこ」さんは、「おそらく奥様は、一週間分の献立を決めてきっちり購入してくるタイプなのでは?」と推測しています。

 新婚時代には妻によく怒られたという「はじめ」さんは、「家メシ」を急にキャンセルした場合には「(ドタキャンが)当たり前ではなく、謝罪の気持ちを持つ。できれば後日、休日の皿洗いや外食などで埋め合わせをする」というアドバイスを寄せました。

皿洗いで「反省」の気持ちを

 また、主婦の「サバ」さんのように、「(夫の)飲み会がある日は、あらかじめカレンダーに記入。晩ご飯は20時までは出しておく。それまでに連絡がなければ、片付ける」と、ルールを明確にしている家庭もありました。夫が無断キャンセルした場合は、「ご飯は勝手に出てきて、勝手に片付くわけではない」と説教し、夫は皿洗いで反省の気持ちを表すそうです。

 「B型」さんのケースはちょっと極端かもしれませんが、「家メシ」をキャンセルする際には、夫婦がお互いの事情を察してあげることが大切なのではないでしょうか。(メディア局・遠山留美)

【紹介したトピはこちら】家メシのキャンセル期限

無断転載禁止
13853 0 発言ニュース 2018/03/22 12:00:00 2018/03/22 12:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180322-OYT8I50025-1.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ