どうしよう! お金がない! “緊急事態”のお助けレシピ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大型連休でハメをはずして遊んでしまい、お金を使い果たしてしまったという人はいませんか? 「次の給料日まで残金が2千円しかない!」「節約レシピを教えて」と、掲示板サイト「発言小町」にヘルプを求める投稿がありました。

 投稿主の「お金なっしー」さんは、独り暮らしの女性。次の給料日まで2週間以上あるのに、手元にある現金は2千円……。家にある食料は、「お米少しとパスタ半分、納豆1パック、もやし1パック、キャベツ4分の1、卵三つと調味料」と嘆いています。そこで、次の給料日まで食いつなぐための献立を尋ねました。

 そんな“緊急事態”に、同じような体験を学生時代にしたという人たちから、温かいアドバイスが多数寄せられています。

炭水化物で主食を確保

 節約レシピの味方は、炭水化物です。「ミルク」さんは、「何はなくとも主食があればどうにかなる」「雑炊はお米少なめでかなり膨らむし、スープでおなかイッパイになります。 卵があるなら、雑炊に入れてください」と、とにかく「お米を買って主食を確保」と答えています。激安スーパーでお米やパスタ、うどん、小麦粉を買えばなんとかなりそう。お米があれば、ふりかけや梅干しなどで空腹を満たすことはできそうです。

1

2

無断転載禁止
20809 0 発言ニュース 2018/05/09 06:00:00 2018/05/09 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180508-OYT8I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ