フン・羽根・鳴き声に困った! ハト対策で効果的なのは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

写真はすべてイメージです
写真はすべてイメージです

 ハトは平和の象徴とも言われますが、自宅のベランダなどに頻繁にやってくると、フンや羽根が飛び散り、鳴き声がうるさくて困るという人は少なくないようです。読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、「ベランダのハトと戦っています」と題する投稿がありました。どんな対策が効果的なのでしょうか。

 トピ主の「ハトこわい」さんは、マンション住まい。数か月前から、ベランダにハトがやってくるようになり、休日の昼間に家にいると2~3羽がやってきて、ボーボーと低めの大きい声で鳴いてうるさいほど。戸を開けてもだんだん逃げなくなってきたそうです。ベランダに残されたフンを掃除しても、翌日にはまたフンをされるということの繰り返し。たまりかねて、CDをつるしたり、市販のハトの忌避ジェルを塗ったり。さらに、手すりにトゲトゲのあるものを置いたり、漂白剤をまいたりもしましたが、あまり効果がなかったそう。「発言小町」に「ハトと戦いに打ち勝った方、どうかお知恵をください」と投稿しました。

管理組合も「各自で対策」呼びかけ

 トピ主さんの場合、マンションの管理組合でもハト被害は話題になったらしく、掲示板の貼り紙には「役所に問い合わせましたが、役所では対処できないそうなので、各自で対策して下さい」と書かれていたそうです。

 この投稿に、たくさんの経験談が寄せられました。

 「我が家はフェンス部分でスズメのフン被害にあっていたのですが、(フェンスに)透明ミシン糸をピーンっと張ったところ、来なくなりました!!鳥は羽根をとても大事にしていて、羽根に何かが触れるのは非常に嫌のようです」(「ぽっぽ」さん)。

 「(ハトが)換気扇のところに住みつきかけました。換気扇をとめている時にハトがいる気配がしたら換気扇をバンバン叩き、追い出しました。一日中換気扇を回して、蚊取り線香を屋内で炊いて煙をずっと出していたら数日でいなくなりました」(「下の上」さん)。

フンを見つけたら毎日掃除、数か月で撃退

 「苦闘の末の勝利でした」と書いてきたのは、「もこ」さん。隣の団地の外装塗り直しなどの工事をきっかけに、ハトがベランダに来るようになったそう。「フンには病原菌が含まれる場合もある」と知って、マスクをしてビニール手袋で毎日、掃除。粘り強く、掃除を続けたところ、数か月で撃退に成功したと言います。

 同じくハトに困った上の階の住人は、臭いのきついクレゾール液散布でハトに対抗しようとしたそうです。けれども、ハトに効果はなく、逆に「もこ」さんはじめ、他の住人が、強烈な薬品臭に参ってしまい、管理人を通じてやめてもらったそうです。「臭いのするものは他の住人に迷惑になることがあるので気を付けて」とアドバイスします。

卵を産んだ後の巣撤去はNG

 東京都環境局のホームページでは、「野生鳥獣との接し方」のコーナーで、「ハトがベランダに巣を作ってしまったとき」という対策を公表しています。

 それによると、「(ハトが)巣を作り始めた時点で取り除くか、巣を作らせないことが大切」だそうです。というのも、「鳥獣保護管理法」によって、野生鳥獣やその卵については許可ない捕獲が禁止されており、卵を産んでしまった後の巣の撤去は、これに抵触する可能性があるためです。「卵を産んでしまっている場合、巣立つまで1ヶ月ほどかかります。ヒナが巣立つまで待ってから巣を撤去するのがよいでしょう」と明記しています。

植木鉢・室外機の隙間など

 巣を作らせない対策として、
・ベランダの風通しをよくし、植木鉢などをおかない。
・ベランダに設置してある洗濯機やエアコンの室外機などの隙間をふさぐ。
・市販の木酢液やクレゾール石けんなどで清掃する。
・ハトは、ベランダに入る際、いったん手すりなどに止まって周囲の安全を確認してから入る習性があり、止まるところにテグス(釣り糸)を張るのも有効です。(注意:テグスに野鳥が絡まらないよう、取扱いに気を付けてください)

 としています。

長期戦覚悟で取り組もう

 結局、トピ主さんは、「発言小町」に寄せられたさまざまな人のアドバイスの中から、100円ショップで買い求めた蛇のおもちゃとテグスをベランダに配置しました。その翌日、「(仕事から帰ってきたら)なんとハトのフンがひとつも見あたりませんでした。この3か月では初めてかもしれません。ハトとの戦いにもしかしたら勝利したかもしれません!!」と喜んだ声を寄せ、撃退に成功した様子です。

 長期戦覚悟で挑む必要のあるハト被害。環境省も、ドバト被害防止パンフレット「エサをあげないで!」を作って、エサやりの自粛を求めていますが、巻き込まれてみないと、その深刻さに気付くことが難しいのかもしれませんね。

 (読売新聞メディア局編集部・永原香代子)

【取り上げたトピ】
ベランダのハトと戦っています

【参考資料】
東京都環境局「野生鳥獣との接し方」
環境省のドバト被害防止パンフレット「エサをあげないで!」

無断転載禁止
650523 0 発言ニュース 2019/06/23 06:00:00 2019/06/23 06:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190621-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ