文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    小町拝見

    優しい母親になりたい…杉上佐智枝

     小熊美香アナウンサーから引き継ぎ、今回からお世話になります。どうぞよろしくお願い致します。


     私はやんちゃ盛りの5歳息子と、イヤイヤ期の2歳娘の育児中。「これから優しい母親になれますか?」というトピが否応いやおうなしに胸に刺さった。

     ダブルイヤイヤ期の年子姉妹への振る舞いで、ご主人に「子どもがかわいそう」と言われて自信をなくしたというトピ主さん。わかる。わかりすぎる。

     「優しい母親になりたい」。これは私にとっても、手を伸ばしてもそのすぐ先にある、届きそうで届かない理想像だ。

     ガミガミ怒ってばかりの毎日。言葉の仕事をしているのに、うまい言い方ができない自分が情けない。保育園で七夕の短冊を渡されたとき、息子は即座に「おこられませんように」と書いていた……。

     アナウンサー志望の学生の良いところは見つけられるのに、自分の子どもの長所はすぐに見失ってしまうのはいったいなぜなのだ。

     最近、夫が、イラッとしたときの対処法を編み出した。それは、ついカッとなった瞬間、花を3種類思い浮かべる、というもの。さっそく試してみた。

     「チューリップ、バラ、タンポポ!」。沸騰した怒気が、すっと静まる気がした。花はイメージするだけでも癒やしの効果があるようだ。「イラッとしたら花3本」。おすすめです。

     優しい母親にすぐなれなくても、なりたいと思っているだけで、きっと違う。そして夫だけは、なるべく味方でいてほしい。私も短冊に書こう。「おこらずにすごせますように」

    杉上佐智枝(すぎうえ・さちえ)
     日本テレビアナウンサー。1978年、東京都生まれ。「キユーピー3分クッキング」の土曜日の回などを担当。2児の母で、絵本の読み聞かせなどに関する資格を勉強中。
    2017年07月10日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング