文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    発言小町@新聞

    産後もキレイなママでいたい

    [トピ]産後もキレイなママさん

     現在妊娠中で、先輩ママたちからはよく「産後は大変。自分のことはできないわよ」と言われます。

     でも実際に外で見かけるママたちはベビーカーを押したり、よちよち歩きの子どもを連れていたりしても、結構きれいな人が多いのです。メイクをちゃんとして髪もセットし、季節に合ったおしゃれなファッション。家を出るまでに、相当の手間をかけているのでしょうか。ご意見を聞かせてください。(おーせ)


     ※トピは⇒こちら


    [レス]しばらくはボロボロ/周囲の協力があれば/動きやすい服の方が/効率よく行動

    ■赤ちゃん次第

    • イラスト・山崎のぶこ
      イラスト・山崎のぶこ

     おとなしい子は本当におとなしく、手がかからない子もいます。夜泣きせず、起こすまで起きない子だと、身支度する時間が十分にありますよね。または実家住まいで、ちょっと見ててくれる人がいるとか。私は、ちゃんとおしゃれができるようになったのは、子どもが2歳近くなってから。それまではボロボロでしたよ。(通りすがり)


    ■私も知りたい!

     産後もきれいなママさんは、周囲に育児に協力してくれる人がいるか、お金に余裕がある人が多いのでは? そうでなければ、子どもと四六時中一緒にいるので息抜きができないし、美容室やエステにも頻繁に通えない。一時保育に預けるにしろ、お金がないと無理です。(うさみこ)


    ■パパの協力の賜物たまもの

     0歳児を育児中。妊娠中に13キロ太りましたが、産後に頑張って痩せ、赤ちゃんを連れていると周囲から驚かれます。週末はピンヒールを履いて化粧品や服を買いに行き、美容院にも毎月通います。でもこれは家事・育児を全てこなせるパパの協力のお陰。当然、初めは全くできなかったため教えましたが。(にこ)


    ■最近は

     確かにきれいにしている人が多いと感じます。子どもが小さいのに、メイクやネイルをしてヒールを履いていて、思わず眉をひそめてしまいます。育児はそんな格好ではできません。スニーカーを履き、木綿のシャツを着て子どもと一緒に走っている母親の方が美しいと思います。(匿名)


    ■季節に合ったファッション

     短い時間できれいな印象を作るなら、アイロンをかける必要がなく、すぐに乾く服を買うのがお勧め。枚数はそれほど必要なく、値段も安くてよし。その代わり、今年の旬のデザインをワンシーズンで使い捨てるつもりでそろえる。髪形もパーマをかけるか、思い切ってショートにすると様になります。(kiki)


    ■時間の使い方

     「産後は大変だよ」は「慣れないうちは」という意味だと思います。私の周りのママさんは皆きれいで、家の中もきれいです。子どもが寝ている間に食事の下ごしらえをしたり、1週間のメニューを考えて効率よく買い物したりと、時間の使い方がうまい方が多いです。(どっと)


    ■元々美人さんやおしゃれ上手な人たち

     彼女らは元々、美人でおしゃれさんです。お金を使って美しさを維持している人もいるでしょうが、大半はそんなに頑張らなくても普通にきれいなんです。産前からメイクもおしゃれも身に付いていて、産後もそれまで通りにやっているだけですよ。(一児の母)


    ■実はどちらも同一人物

     1歳男児の母ですが、「いつもきれいでおしゃれ」と言われます。でも実際は、いつもきれいにしているわけではないんです。週に5日程度は早朝の授乳後、寝ないで身支度をしています。知り合いに会う予定がない日は日焼け止めだけを塗り、マスクを着けて外出しています。多分、同一人物に見えないほどの落差があるはずです。(もよこ)

    無理のないおしゃれを

     子育てママ向けファッション誌mamagirl編集長、山下綾子さんの話「今の母親は、『自分も子どももかわいくありたい』という思いが強く、おしゃれへの関心が高いです。ただ、出産後は自分にかけられる時間やお金は大幅に減るので、『時短・プチプラ(安価)・トレンド』が大事に。流行を取り入れたファストファッションで、できる範囲のおしゃれをして外出を楽しめば、育児ストレスの解消にもつながると思います」

    2017年12月21日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング