<速報> 公式ウェアで歓楽街、アジア大会バスケ代表4人帰国
    文字サイズ
    発言小町で話題になっている事柄を、専門家らの意見も交えながら掘り下げます。
    発言小町@新聞

    「憧れの田舎暮らし」を後悔

    [トピ]憧れの田舎暮らしマイホーム…後悔だらけです

     夫、2歳の娘と暮らす専業主婦。都心のマンションを売り、田舎に庭付きの家を建てました。ところが、運転免許がなく買い物に一苦労。

     知らない虫がたくさんいるのも悩みです。共働き世帯が多く、娘を遊ばせる公園に平日は誰もいません。結局、引っ越し前から娘が通うスクールや自分の習い事のため、特急で約1時間の都心に週4回通っています。もうどうしていいかわかりません。(ミントティー)

     ※トピは⇒こちら

    [レス]仲間ができれば/特別な思いないなら/悩みに対処を/良いところ見つけて

    ■郷に入ればの精神

    • イラスト・山崎のぶこ
      イラスト・山崎のぶこ

     周囲の奥さんたちのように、パートでもいいから働きに出てみては。そして娘さんを保育園に入れる。ママ友や仲間ができ、コミュニティーの一員になれます。(プーさん)

    ■浮きますよ

     週4回都心に行くことで、気位が高くてぜいたく好きな奥さんだと、うわさになっているはずです。「人と違うこと」や「都会風」を見せつけていると誰も近づきません。地元に溶け込もうとする人ではないと、周りは受け入れてくれません。(田舎育ち)

    ■都心に戻られたほうがいいかと……

     ずっと都会で生活していた若い方々が、田舎暮らしをするのは無理だと思います。農業をやりたいとか特別な思いがあれば別ですが。田舎嫌いの気持ちは年を追うごとに増していくでしょう。土地との相性はあります。早めの決断をお勧めします。(エリカ)

    ■お受験

     例えば、娘さんの幼稚園は都心にあるエスカレーター式のところを選ぶ。幼稚園がダメなら小学校受験です。通園通学が大変になれば、都心に戻るきっかけになります。ご主人が娘さんにメロメロなら何とかなるかも。今のマイホームは売るか賃貸に出せば戻れます。(教育ママ)

    ■虫よけに

     ハーブを植えてみては? いい香りに癒やされますよ。雑草を生やしていると虫がいっぱい出るので、うちでは庭を覆うように常緑で丈夫なタマリュウを植えています。青々してきれいですよ。家庭菜園をするなら、ミニトマトとシソから始めるといいでしょう。(ぱんだ)

    ■昆虫図鑑を買ってみる

     娘さんと初めて見る昆虫を調べるのです。学習効果もあるし、よく見る虫に害があるか判断する材料にもなりますよね。ガーデニングもいいですが、虫と縁を切ることはできませんしね。(はるこ)

    ■まずは免許を

     田舎の必須アイテムは運転免許と自動車です。荷物をたくさん積める車がお勧め。大切なのはDIY(Do it yourself=日曜大工)です。お子さんが安全に遊べる砂場を作ってもよいかも。生活を楽しむ私ってオシャレでステキ、と気分を切り替えましょう。自分の見方ひとつで世界は変わります。(manamirion)

    ■たった1時間?

     特急で1時間で都心に出られる。そんなに田舎じゃないですよね。観劇やコンサートに出かけても、普通に帰ってこられる。都心と田舎の「いいとこ取り」ができる距離です。本当の田舎なら都心に出るのは大変。今住んでいるところに一つでも良いところを見つけたら、素晴らしさを実感できるのでは。(ちか)

    ■田舎暮らしです!

     田舎にある夫の実家近くに新居を構えて2年。4歳になる娘がいます。当初は後悔しましたが、いいところも見えてきましたよ。最寄りの児童館でママ同士の情報交換をしました。虫はある程度慣れます。娘は自然の音を感じながら、のびのび育ってくれているかな。(もこもこ)

    生活環境の下調べ大事

     雑誌「田舎暮らしの本」宝島社編集長、柳順一さんの話「田舎暮らしで大事なのは下調べ。子どもの教育環境や店の場所などは事前に把握しておけばよかったですね。せっかく移住したのだから笑顔で地域と関わり、都会ではできないことに挑戦できる、と前向きに受け止めること。そして車の免許を取り、評判の良い田舎カフェでランチを楽しんでみては。おしゃれで安くておいしく、話の合う子連れ女性とも出会えますよ」

    2018年06月07日 05時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


    くらげっとのつぶやき
    発言小町ランキング