ママ友の叱らない育児 正解?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]ママ友の叱らない育児は正しい?

 正しい育児とは何だろうかと悩んでいます。身近なママ友は、子どもの自主性を待つという感じです。

 例えば、おもちゃを取り上げて遊び始めた時、「それは友達のおもちゃだよ」と言うだけで、子どもが遊び続けてもそのままです。私自身は取り上げてでも返させますが、ママ友の子どもと比較して、かわいそうかなと自己嫌悪に陥ることがあります。客観的な意見をお聞かせください。(野営)


 ※トピは⇒こちら


[レス]自分の信念貫いて/子供を尊重お手本に/程度の問題

■あなたは正しい!

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 私も子どもが2歳の時から、お友達の玩具を手放さない場合などは、泣こうがわめこうが、いけないことは徹底的にしつけました。小学生になって、担任からは全く問題がないと懇談の度に言われます。自分の信念に基づいて育てられたらいかがでしょう。(ぽん)


■ママ友は選んだ方がいいです

 トピ主さんもママ友は選んだ方がいいですよ。我が子をきちんと叱れない人と付き合うくらいなら、まだ1人でいたほうがましだと思います。自分の子どものしつけにも悪影響ですし、考え方や常識が自分と余りに違う人とは、お互いストレスになるだけです。(うちはもう大きいけど)


■私は後悔しました

 私もトピ主さんのようなしつけをして育てました。結果、ちょっと後悔しています。規律を守る子に育ちましたが、何事にも親の顔色を見るような子になった気がします。親からすれば、人様に迷惑をかけることもほとんどなかったので楽だったし、嫌な思いもしませんでしたが。(ゆきな)


■長い目でみたら……友達のほうかな

 そのママ友のような人、近所にいるので私はお手本にしています。子供を尊重する姿、待つ姿はお手本。自分が許してもらっているから、人の事も許せるし、待てる。他人を無理やり自分に従わそうなんて思わない人になる。他のママさんたちの機嫌をとって、我が子の機嫌をとらない子育てになってしまうんだよね。子供が一番大事だというのに。(まるいそ)


■正しい育児なんてない

 正しい育児などないと思う。強いて言えば、その子に合った育児かな。といっても状況次第で、また年齢とともに違ってくるでしょう。そんなものです。真面目な人ほど、悩みながら子育てをしています。だから、正しい育児を追い求める必要もなければ、人と比べる必要もないですよ。ましてや、他人の育児を否定する必要もない。(ぽいんと)


■どちらも正しい

 海外のインターナショナルスクールに通う幼稚園児のママです。私自身はトピ主さんと同じ感覚なのですが、他の国のママたちからは冷ややかな目で見られます。支配的、周りを気にしすぎに思えるようです。ただ、日本の治安の良さを考えると、自制心を育てる「叱る育児」がいかに大切か分かります。周りを気にせず自分の好きなようにする外国人を見ると、幸せそうだなぁと思うこともあります。(ジャングル)


■こどもによる。

 子どもといっても千差万別だから、育児には正解はないように思えます。ほどほどに叱り、ほどほどに受け入れる。どっちも程度の問題。親が判断基準を見せて、それに対して子どもがどう考えるかってことなんじゃないかな。(うーこ)


■一貫性が無いのがだめ

 我が子を厳しくしつけるなら、友達にも同じ対応をしなければいけません。ママ友が叱らなくても、ダメなことはビシッと叱ってください。とにかく一貫性が大事。叱った後はフォローをすぐにします。(東京生まれ育ち在住)

叱るべき時は叱る

 幼児期の教育法に詳しい子育てアドバイザー、田宮由美さんの話「『叱らない子育て』と言っても、子どもの健やかな成長には、叱るべき時は叱らなければなりません。危険が生じたり、人に迷惑がかかったりする場合です。ただ、その際は『叱る』と『怒る』を間違えないように。『叱る』は相手のために理性的に注意し教えること、『怒る』は感情的にガミガミどなることです。もちろん、良い行動をした時はほめることも忘れずに」

無断転載禁止
30905 0 ピックアップ 2018/07/05 05:20:00 2018/07/05 05:20:00 6月26日付発言小町イラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20180628-OYT8I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ