子供はほしいけど仕事が一番

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]子供が欲しい。でも絶対に仕事を続けたい。

 東京23区在住の27歳、結婚3年目の女性です。そろそろ子供がほしいのですが、つわりがひどくて仕事ができなくなったり、子供を保育園に入れられなかったりしたらどうしようと、決意が出来ません。私は仕事が大好きで、何があっても続けたい。できれば育休は取らず産休のみで復帰したいです。でも、夫婦とも両親は遠方に住み、頼ることはできません。同じような境遇の方、乗り越えた方に、助言をいただきたいです。(さちこ)


※トピは⇒こちら


[レス]考えが変わることも/仕事一筋でいいのでは/準備し臨機応変に

■産んでみないとわからない

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 私もトピ主さんと同じで、出産後もすぐに仕事復帰をするつもりでしたよ。でも実際に子供を産んでみたら、可愛かわいくて可愛くて。保育園へ預けるなどとても出来ずに育休を延ばしました(笑)。やっぱり産んでみないとわからない部分ってあります。もう少し柔軟な気持ちで、赤ちゃんが来てくれる日を待ったら良いかもしれませんね。(雪)


■仕事が「絶対」なら、子供はあきらめませんか。

 私は、親には一切頼らずに、フルタイムで働きながら子育てをしましたが、仕事が絶対とは思っていませんでした。私にとって「絶対」は、子供を守り育てることでした。子育てしながら仕事をバリバリしている女性はたくさんいますが、仕事が絶対だと思っている人は、そんなにいませんよ。(岩塩)


■実家の距離は 関係ありません

 実家というのは、近ければ頼れるわけではありません。祖父母が孫に労力を費やすつもりがあるかどうかです。遠くても一定期間滞在して、孫の世話をすることは可能でしょう。私の義母は近距離でも世話したくないタイプ、実母は飛行機の距離でも世話しに来たいタイプです。(サハラ)


■何かを得るためには何かを諦めなくてはなりません。

 そこまで仕事が好きで生きがいなら、仕事一筋の人生でもいいのではありませんか? 育休すら取りたくないって子供を何だと思っているのかしら。産むだけ産んで、育てるのは他人に丸投げですか? 子育てを甘く考えているなあと思いました。(唐辛子)


■大丈夫

 端的に言って夫の問題です。この世のほとんどの男性は、子供が生まれても仕事をやめたりしません。むしろやめられなくなります。育児には金がかかるからです。その陰に、仕事を辞めなければならず泣いているたくさんの妻がいるのです。いざという時に夫に仕事を犠牲にしてもらうこと。その確約を取りさえすれば仕事は続けられます。(イドラ)


■仕事による

 トピ主さんってお仕事は何をやってるんでしょうか? 妊産婦に優しい公務員ではないだろうと予測はできますが。世の中で仕事と育児のバランスが良い人って、多分仕事の内容にも恵まれてると思うんですよ。というか、そのことも考えて仕事も選んでいる。そこに思いが至ってない時点でうーん、と思ったんですが。(ヤッチー)


■経験談など

 できるだけの準備をして、あとは臨機応変に対処する。私は通勤が満員電車だったので、つわりがしんどい時は自腹でグリーン車に乗りました。ご近所のご夫婦は水ぼうそうが流行はやった時などに、遠方の親御さんが来てくれていました。保育園のために引っ越したご家庭もたくさんあります。(ちった)


■産めるよ

 同じような状況で仕事を続けている人は私の周りは山ほどいます。できない理由を考えるのではなく、できるように工夫すれば回ります。そもそもトピ主さんのように優秀で向上心ある女性にあれこれいう人がいるから少子化が進むのでは。(気にしすぎ)


周囲の力も借りつつ

 子育て中の女性を支援するキャリアコンサルタント、鎌田淑江さんの話「まだ起きていないことに恐れを感じてばかりのご様子。課題が生じた時に、臨機応変に対処する心構えも大切です。人手不足に悩み、女性が働きやすい環境を整える企業も増えています。子育てと仕事をどう両立したいのかを会社と話し合うことで、リモートワークなどの制度導入を検討してもらえるかもしれません。周囲の力も借りつつ、ベストな道を見つけてください」

無断転載・複製を禁じます
48138 0 ピックアップ 2018/11/15 05:20:00 2018/11/15 05:20:00 11月6日付発言小町イラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181106-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ