習い事が人生で輝いた瞬間は

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]やってて良かった習い事

 私は昭和40年代に子ども時代を送りました。習い事をしたいと親に相談したのは小学2年の時。ピアノや水泳を挙げたものの「学校の学習に役立つものを」と言われ、そろばん塾に通わせてもらいました。今の私は小学校教員で幸せです。けれど「小さい時に習っておきたかったな」という思いも引きずっています。習い事が何かの役に立ち、人生の中でキラリと輝いた瞬間について、体験談を教えてください。(どっこいしょ)

※トピは⇒こちら

[レス]ずっと役に立つ/気分転換になる/何歳から始めても

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

そろばんかな~

 昭和40年代生まれです。小学生の時に2年ほどしか習いませんでしたが、今でも4桁までなら頭の中でそろばんをはじきます。習えば誰でも出来て役立つものだと思います。一度覚えれば何十年と忘れないですしね。(とうもろこし)

主に仕事ですけど

 面接時に履歴書の字を褒められるのは書道のおかげ。仕事中に7桁の暗算をしたら希望部署の上司の目に留まり、引き抜かれたのは珠算のおかげ。英語は英語圏でなんとか暮らせる程度です。その英語圏の在住時に書道と珠算は役立ちました。現地の人からみると書道は芸術的であり、暗算は魔法みたいらしい。(絣)

昭和34年生まれ

 父は小学校の先生で、「これからは女性も働く時代が来る。一生働ける免許を取って、自立した女性になりなさい」と娘を教育しました。教師になりたいと思った時にピアノが弾けないと苦労すると心配し、5歳からピアノを習いに行かせてくれました。私は小学校の先生、妹は幼稚園の先生になり、2人とも卒業式、卒園式のピアノの伴奏を担当しました。(茶トラ11キロ)

全部役に立つよ

 一つのことだけに没頭できる人生というのは、なかなかありません。仕事にのめり込むことができても、どんな仕事にも壁があり、ストレスもたまります。趣味やたしなみは、そんな時のためにあるのです。ピアノでうっぷんを晴らす人、生け花で心を落ち着かせる人、スポーツで汗を流してスッキリする人……。習い事は大人になってから始めたっていいのです。(冬支度)

バイオリン。

 子どもの頃、母親に半強制的にバイオリンを習わされました。いやでいやでしょうがなかった。時は流れ、30代の時に、仕事でコンサートの制作を手伝いました。指揮者の方と楽譜を見ながら打ち合わせしたら、一目置かれました。母に報告して、習い事のお礼を言ったら、母もうれしそうでした。(ruu)

日舞を親子4代…

 実母が日舞を習っていたこともあり、私が5歳の頃から、継母が習わせてくれました。71歳になる現在も習っております。以前は、小学生だった娘2人と一緒に稽古に行っていました。今は、小学3年生の孫娘と習っております。女の子の孫が1人でもいたこと、日舞が好きなことを大変幸せに思っています。(華いち)

二十歳過ぎてからの習い事。

 小学生の頃、親の希望でピアノをやりましたがまったくダメでした。二十歳過ぎて、自分で探した習い事は仕事に結びつき、そのままずーっと仕事にしています。30歳過ぎて始めた習い事も、ギャラがもらえる仕事になりました。40歳過ぎて、また別のことを習っています。やりたいことはいつ始めても、向いていれば身になると思います。(通りすがり)

50年代生まれですが。

 今、自分の子どもたちにはピアノ、バレエ、合気道、ギターなどを習わせています。将来の職業につながるとは、もちろん思っていません。でも、人生をより豊かにしてもらいたいし、何かに打ち込むことで、メンタルも強くなりますよね。(つばき)

努力や思考法将来有用

 能力開発や人材育成を支援する「MYコンパス」社長、岩橋ひかりさんの話 「子どもの頃の習い事が、将来の職業に直結することは少ないかもしれません。しかし、コツコツ練習を継続する力や難題を乗り越えるための思考法などは社会人になってからのキャリアアップにも役立ちます。学校以外の世界があることを知り、視野が広がるのも効用。習い事は、大人になってどんな職業に就いても気づかぬところで役立っているはずです」

無断転載禁止
400541 0 くらげっとろじ~ 2019/01/31 05:20:00 2019/01/31 20:21:05 1月22日付「発言小町」のイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190127-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ