「正社員で働いて」夫が要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]正社員で働くことを要求されています。

 今年小学生になる子供がいるパート主婦。正社員として働くよう、夫が求めます。近所に頼れる実家もなく大変だと話したら、時短の仕事を探しては?と言われました。いきなり正社員で、しかも時短で雇ってくれる会社があるでしょうか。私が正社員にならないと生活が成り立たないわけではありません。せめて子供が高学年にならないと正社員は無理だと思います。私がおかしいのでしょうか。(チャイ)

※トピは⇒こちら

[レス]自立した関係/協力すれば可能/八つ当たりかも/夫が時間勤務を

◆旦那さんが言っているのは

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 お互いに自立した人間でいたいということではありませんか? 家事育児を分担してくれるのなら、その提案はありがたいです。でも、家事育児は丸投げしておいて、正社員になれというのは無理ですよね。私の勤務先も正社員の女性はたくさんいますが、子供が病気の時は親などに助けてもらい、有休を取得したりしながら何とか乗り越えています。(匿名)

◆フルタイムで働けばいい

 実家の助けがないとフルタイムで働けない? なぜ? 実家が近くになくても、夫婦で回している家庭はたくさんありますよ。ただ、収入差を盾に自分は一切協力しないという夫なら、正社員は無理です。夫婦でやっていくならば、ご主人にも負担してもらわないと。子供が病気のときに休んでくれるのかも確認しておいてください。(かな)

◆無理なわけないでしょう

 子供が高学年にならなくても働くことはできます。そうやって働いておられるお母様方はたくさんいらっしゃいますよ。無理じゃないけれど、やる必要がないからやりたくない。それだけなのに「無理だ」と言い張る。そういう態度をご主人は腹に据えかねているのでは。(なんでかな)

◆存在すると主張している側が探す

 時短の職場を見つけて働いてほしいと言っているのは旦那さんですね。ならば「職場を探してね。見つけてくれたら申し込んでみる。あなたがあるって言うんだから、アテがあるのよね」と、旦那さんに探してもらう態度を貫きましょう。多分ね、旦那さんは仕事でストレスがたまってるから八つ当たりしているんだと思います。(チャト)

◆ご主人が世間知らずです

 ご主人の態度にため息がでます。そこまで共働きにこだわるなら、出産後はパートでしか働けないトピ主さんと結婚したのはなぜでしょう。両親が近くに住んでいて、支援してくれる方と結婚すればよかったのに。本気で一度怒らないとご主人は分からないのかもしれません。(ひより)

◆私が正社員でフルタイムで働きます。

 「代わりに、あなたが時短勤務で子供の世話をして」と旦那さんに要求しましょう。子供は勝手に育ちません。トピ主さんがキャリアを犠牲にしたから小学校に入れるのです。旦那さんが育児休暇を取る選択肢もあった。それをしなかったのですから。(ばなな)

◆おかしくないよ。

 無理って否定しても夫は納得しないでしょうから、「頑張って探すので、あなたも条件に合う仕事を探してみて」と言いましょう。ちなみに高学年になったら塾通い、中学校では部活動などがあり、子持ち主婦が楽に働ける時期はないと思います。(うーこ)

◆歩み寄り

 トピ主さんが言うことも旦那さんが言いたいことも分かります。お互いの歩み寄りが大切ですね。あなたが今のパートにプラスして家でできる仕事をするとか、もう少し時給の高いパートを探すとか、やりようもあるのでは?(まる)

互いの気持ちを共有

 働く女性を支援するキャリアコンサルタント、赤谷麻愛まかなさんの話 「労働力不足の昨今は、時短の職場を見つけるのも不可能ではありません。就活するなら、希望する働き方をしっかり伝えましょう。今は子供との時間を大切にしたいなら、夫に率直に話す。夫婦でお互いの気持ちや考えを共有し、理想の家族のあり方や働き方を明確にしてください。『できる・できない』『したい・したくない』だけでは問題の解決に結びつきませんよ」

無断転載禁止
469181 0 くらげっとろじ~ 2019/03/07 05:20:00 2019/03/07 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190301-OYT8I50044-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ