専業主婦願望 抑えきれない

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]本当は専業主婦になりたい願望を抑える方法

 フルタイムで働く30歳の派遣社員で、42歳の彼と結婚を前提に同居中です。3年前に婚活で知り合い、結婚したら専業主婦でいいと言われ、付き合うことにしました。その彼が前言を翻し、「お金を稼ぐ大変さを知ってほしい」と、働くことを求めてきました。諦めの気持ちの一方で、頻繁にわき出てくる専業主婦願望を抑えきれません。どうすれば、この願望を抑えることができるでしょうか。(うさぎ)

※トピは⇒こちら

[レス]別れか受け入れか/育児の役目があれば/そういう男性を探す

主体性を持って

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 あなたがそのように感じるのは、自分が働かなければいけないのは、養ってくれない彼氏のせい。そんな思い込みが消えないからでしょう。対処法は簡単で、別れるか、受け入れるかの2択。ただし、決断したならば後から蒸し返さないことです。自分で選んだ道の責任を取るのが大人ですよ。(こよみ)

考え方が間違ってる

 専業主婦願望があるなら、それはそれでいいと思います。彼も賛成してくれていたわけだし。ただ、願望があるならば、立派な専業主婦になってください。そのためにはどうすればいいかを考え、それを聞いた彼が納得できる内容であれば、OKしてもらえると思います。(既婚者)

まず、確認しておくべきこと

 一般に「専業主婦」希望の人は「ゆっくり育児に専念したい」などが動機の場合が多いです。貴女あなたの場合はどうなのか。単に経済的責任を負わず、毎日のんびりと暮らしたいから? 彼は当初、家のことをしっかりしてくれるなら専業主婦でもいいと思っていたが、実際に同居して貴女を見て何だか馬鹿馬鹿ばかばかしくなり「結婚後も働いて」と言い出したのでは?(ハロン)

妊娠するまでの我慢と思えば?

 まだ結婚されていないのですよね。もう近いのかな? お子さんのご希望はあるのか分かりませんが、妊娠されるまでの我慢と思ったら希望が持てませんか? 育児という役目ができれば、彼の考えもまた変わるかもしれないし。(紗英)

方法はひとつ。

 専業主婦になりたいという願望を抑える方法は、たった一つ。実際に専業主婦になることです。でも、今の彼と結婚してもそれは難しいと思うので、お別れして、妻は専業主婦希望という男性を見つけることですね。(リモコン)

それは嫌だ

 考え直したほうがいいんじゃないですか。当初は「専業主婦になっていい」と言って、付き合い始めたんでしょ。それを簡単に覆すような男、どうかと思いますけれど。私なら不安で結婚なんてできないですね。専業主婦になる、ならない以前に。(オーツ)

専業主婦 我が家の場合

 結論から言うと、子供が小さいうちは専業主婦だと心に余裕ができて幸せです。夫は同世代の43歳で年収1500万円あります。子供1人で食費と雑費6万円でやりくりしています。家計管理は夫がやっており、毎月の家計簿をつけ私にも公開。自由な時間は山ほどあり、午前中はドラマをみたり昼寝をしたりします。至福の時。(バチボコ)

なるほど。

 私は専業主婦には絶対になりたくないので、トピの内容には共感できません。なりたい職業として専業主婦を希望している、というのなら、なんとなくわかります。そうだとしたら、私ならばサッサと違う人に乗り換えます。30歳で専業主婦を狙える相手を見つけられるか。それを考えれば、別れるのはリスクになりますが。(マギー)

理想を2人で話し合う

 働く女性の問題に詳しいキャリアコンサルタント難波あゆみさんの話 「『専業主婦』というワードにとらわれすぎず、具体的にどんな人生を送りたいかを考えてみてください。専業主婦になったとしても、トピ主さんが望む生活になるとは限りません。夫はなぜ『稼ぐ大変さを知ってほしい』と言ったのか。その意味も含め、まずは夫婦で理想とする生活について話し合う。それがモヤモヤを解決するための第一歩になります」

522102 0 くらげっとろじ~ 2019/04/11 05:20:00 2019/04/11 15:13:03 4月2日付発言小町のイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190404-OYT8I50040-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ