個人情報理解しない父と衝突

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]個人情報を理解しない70代の父

 実家から転送された同窓会の冊子を見て、70代の父と大げんかをしました。同窓会のお知らせは数か月前に実家に届き、小さな子どもがいるので、返信用はがきで断っておいて、と父に頼みました。ところが、幹事から届いた開催報告の冊子には私の細かな住所や電話番号などが書かれています。良かれと思って父が書いたのです。そこまで載っているのは地元で自営業をする人だけで気が重いです。(あや)

※トピは⇒こちら

[レス]親に丸投げでは/ストーカー懸念伝える/郵便全て自宅転送に

◆理解しろって方が無理

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 お父さんの時代は「全て回答するのが礼儀」という時代ですからね。個人情報、何それ、って感じじゃないですか。というかトピ主さんもまずいですよ。ご自分の個人情報管理を親に丸投げじゃないですか。(どんちゃん)

平和の流れ。

 仕方ないですよ。昭和の頃は中学高校の卒業アルバムに教員や生徒の住所や電話番号が載っていました。平和な時代だったです。(さくら)

◆人に任せておいて文句を言うのは筋違い。

 白紙委任したのだから、任せたあなたが悪いのです。本来あなたがやるべきことなのに。70代になると細かな字を書くのもおっくうなはず。それをやってくれたことを、申し訳なく思って感謝すべきところです。今回のことは謝りましょう。(リベラ・メ)

◆何で実家に届くの?

 ご自身の出身学校の郵便物ですよね。なぜ住所変更していないのですか。私は引っ越しの度に同窓会へも届けました。なぜその手間を惜しむのですか。娘からの頼み事をこなしたのに、けんかを売られたお父様がお気の毒です。(おこじょ)

◆気が重くても

 自分でしなかった責任です。幹事に連絡して、個人情報を載せるときには必ず本人確認をしてほしいとお願いしましょう。今後実家に届いていた同窓会のはがきは自宅に届くでしょう。次は自分なりの記入をしましょう。父親には任せないことです。(最強の嫁)

◆今度会ったら

 父親本人の目の前で地図アプリで住所を検索して、自分の家を写真で見せてあげましょう。世間ではストーカーで被害に遭っている人が山といることを教えてあげましょう。それでやっと気づくはずです。(まあ)

◆誰も悪くないのでは?

 幹事が悪いと書いている方もいて、ビックリ。幹事が悪いのなら、親に代筆を頼んだトピ主さんだって悪いですよ。どういう返信はがきになっているのかを確認していないんですから。私は、同級生に現在の住所や電話番号を知られてもなんとも思いません。これに懲りて、郵便物は全て転送してもらうよう、両親にお願いすればいいだけではないですか。(どなどな)

◆幹事が非常識というだけです

 70代というと「昔の人」と思うかも知れませんが、私の夫はそれに近い年でも個人情報の重要性は知っています。お父さんは、連絡した方があなたのためと思ったのでしょう。そのまま載せた幹事が悪い。同窓会名簿を使った詐欺もあるらしいので、変な電話に気をつけるよう、親には言っておいたほうがいいです。(まな)

◆幹事は悪くない

 配布物に載せるので、と明記されていたのでは。しっかり記入されていたら、幹事は当然載せてくれという意味だと解釈しますよ。トピ主が幹事にクレームを言ったら、「次回から幹事をやって、名簿も作れ」と言われるのがオチです。(あらかんです)

自己管理が基本

 安全生活アドバイザーの佐伯幸子さんの話 「今回は複合的な要因でこんなことになってしまいました。個人情報は一度表に出てしまうと取り戻せません。同窓会の幹事も情報が詳しすぎるなと、本人に確認してくれてもよかったかもしれません。個人情報の扱い方をどう感じるかは人によって異なることもあり、基本的には自分でコントロールするしかありません。親任せにはせず、自分で管理することを心がけるべきでしょう」

無断転載禁止
530713 0 ピックアップ 2019/04/18 05:20:00 2019/04/19 16:54:39 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190410-OYT8I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ