屁こたれた無音練習…光浦靖子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回気になったトピは、「生理現象に悩まされる」です。トピ主さんは、子供ももう巣立つというバツイチ女性。一緒に暮らしたいと言う男性が現れたのですが、トピ主さん、オナラがどうも大きいようで、それが恥ずかしくて一緒に暮らすことを躊躇(ちゅうちょ)している、と。

 「気にすることないよ」という回答が多かった中、非常に興味をひかれるものがありました。オナラの音を出さない方法です。

 出そうになったら、片手を後ろにまわし、片方の尻肉をムズっと(つか)み、引っ張って、オナラの通り道を作るというもの。口笛と同じで、出口が広ければ音は鳴らない、と。

 さっそくやってみました。そうなの。私、最近なぜかオナラが増えて困っていたんです。特に夜、帰宅すると、プープコ、プープコ、止まらなくなるんです。これじゃ誰とも暮らせないわ、とまさに私こそが思っていたんです。

 あ、オナラ出そう……さて、尻肉を掴み、気道を確保……ふすぅ。ファンタスティック! 本当に音がでない。これはすごい。これなら人と暮らせるわ!

 無音()マスターになるべく練習をしていたんですが、一つ弱点を見つけてしまいました。私の尻が薄いからなのか、尻肉を掴むには、パジャマのときは簡単にできるのですが、ジーンズなど生地の厚いもの、体にぴったりしているものをはいていると、指が生地の表面をすべるだけで尻肉を掴むことが難しいのです。だからといって、尻の割れ目に指をねじ込ませ、よいしょ!!と尻肉を引っ張ると、明らかに「尻肉を引っ張っている人」に見えてしまいます。これでは逆に目立つ。そして、恥ずかしい。

 四六時中パジャマを着てるしかないのか……これはこれでだらしなく見えないか?

光浦靖子(みつうら・やすこ
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。
無断転載禁止
576385 0 くらげっとろじ~ 2019/05/13 05:20:00 2019/05/13 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190510-OYT8I50055-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ