猛勉強した時間 無駄だった

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]あんなに勉強した時間は無駄だった……

 3人の子持ちのアラフォー有職主婦です。学生時代の教科書や問題集などを整理していてむなしくなりました。医学部を目指して猛勉強するもかなわず、看護学校中退後に私大文系学部に入り直し、卒業、就職、結婚。転職をくり返し、天職にようやくたどり着きました。ただ、学生時代に勉強した内容は忘れてしまったか、覚えていても役に立っていないと思います。子どもにどんな指導をしたら良いのか悩みます。(くいっくぁ)

※トピは⇒こちら

[レス]経験自体が大切/必要だったと思う/不勉強を悔いる/まずやってみないと

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆役に立たない事も大事

 私も学生時代の勉強はほとんど役立っていません。でも、一見無駄に見えても、役に立たないことに見えても、大切なことってあると思います。何であれ、一生懸命やったという経験自体が、何物にも代えがたいかと。お子さんには、興味あることはできるだけやらせてみては。(匿名)

◆無駄な事は何もないと思うけど。

 そんなに否定的になることじゃないと思う。その時期があったからこそ、今のトピ主さんがいるんじゃないかな? 子どもにどんな指導をすればいいのか、迷われているようだけれど、勉強だけが人生の全てではないと思う。親が伝えるべきなのは、ほかのことじゃないかな?(紗乃)

◆天職とは

 もし、最初から天職とおっしゃる仕事を目指して勉強し、それと出会えたかといえば、果たしてそうなったでしょうか。あなたの勉強は無駄だったかもしれませんが、必要であったとも思うのです。いささか矛盾した表現しかできないのですが。(pax)

◆無駄はないです。

 私は逆に勉強などしない人生を歩んできました。今は子持ちパートで楽しくやらせてもらってます。しかし、やはり勉強しなかったことを悔いています。息子の成績が下がっても、どうすることもできません。私が、あなたならと思います。あなたがうらやましい。(みやん)

◆分かります、その気持ち

 私は博士号を取りましたが、家庭の事情もあって一般企業の道を選び、今の仕事は勉強した分野とはかけ離れています。あんなに勉強したのにと専門書の山を見て感じます。すべてが無駄だったとは言いませんが、やっぱり「あそこまでしなくてもよかったのに」という思いは残ります。(思うよね)

◆同感です!

 現在、年収約3000万円ですが、学生の頃に学んだことは何も役に立ってないです。無駄な勉強をするくらいなら、もっと実用的なことを学べば良かったと思います。例えば習字。社会人になって、字が汚いのは恥ずかしいです。料理。栄養バランスの良いおいしい料理を作ることは大切。勉強して過ごした学生時代は、もっとも時間を無駄に過ごしてきた時期だと思っています。(らら)

◆人生の可能性を広げること

 人生は勉強と取捨選択の繰り返しではないでしょうか。勉強した、何かやってみた、合わなかった、違うことをまた勉強した……勉強は社会人になっても必要です。振り返ればあれは不要だったかもという勉強はあります。しかし、やってみないと可能性が広がらないですよね。(po)

◆それは勉強じゃないから

 トピ主さんが一生懸命やってこられたのは勉強じゃなくて、テスト問題を解答するテクニックを頭にたたき込むこと。だから残らないの。それどころか、自分で考える思考能力がそぎ取られてしまったのです。勉強とは知識を得て、解析能力、思考能力を養うこと。日本の教育では決定的に欠けていることです。(もふもふ毛虫)

努力が助言に役立つ

 2児を育てているキャリアコンサルタント・小庄こしょう真由美さんの話 「月並みに聞こえるかもしれませんが、取り組んだ過程は貴重な財産です。勉強で得た知識を直接に使うことはなくても、医学部の受験や私立大に入り直すために努力したことは、今のトピ主さんにも生きているはず。お子さんにアドバイスをする時も役立つでしょう。紆余うよ曲折がありながらも自身の力で天職に就き、子育てをしている自分を認め、褒めてあげてください」

588229 0 くらげっとろじ~ 2019/05/23 05:20:00 2019/05/23 05:20:00 キャプション別送り https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190517-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ