新社会人 人は多角的に見て…杉上佐智枝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 こんにちは、令和。お疲れ様です、10連休。この春に新生活を迎えた方は、ただでさえ初めての出来事が多い中で、抱いている思いも様々でしょう。

 「新社会人 現状へのギャップ」というトピを発見。薫風の5月であると同時に、ちょっと一休みしたい気分にもなる月ですよね。最近、朝の電車でよく一緒になる女性がいます。電車が揺れた時に体を強く押し返されてびっくりしたのが最初。口を真一文字に結び、目は本から離さない。強そうな方だな……という第一印象でした。それ以降も、満員電車の中で、かなり大声で「臭いな!」などと言うことも。満員の人波に動じない佇(たたず)まい。見かけたらなるべく距離を置くようにしていたのですが、ある日。電車が駅に着いて満員の乗客が一斉に降り始めた時、おなじみの強めの声が聞こえました。「何も言わずに押さないで!」。内心少し共感を覚えました。言い方はキツイけれど、正直で正義感の強い面もある方なのかも!? 見方を変えたら興味も湧いてきて、ある日隣に立ってみると、いつも真剣に読んでいる本のタイトルがちらりと見えて……福祉関係の本だったのです。避けていた人に好意的な想像力を持てたことで、通勤が楽しくなりました。

 学生時代って同じ価値観に囲まれていて、「世の中には色々な人がいる」と頭では理解していたつもりが、社会に出るとリアルな自分のこととして降りかかる。理不尽や戸惑いに直面した時に、悪い面だけに目を向けず、良い面を探す努力をしてみることをお勧めします。それを続けると、「多角視野メガネ」とでもいいましょうか。偉大なアイテムを手に入れられます。長い社会人生活で、きっと大いに助けになります。がんばれ、令和フレッシャーズ! 

杉上佐智枝(すぎうえ・さちえ)
 日本テレビアナウンサー。1978年、東京都生まれ。「キユーピー3分クッキング」土曜、「ミヤネ屋」ニュースコーナーなどを担当。2児の母、絵本専門士。
無断転載禁止
591524 0 くらげっとろじ~ 2019/05/20 05:20:00 2019/05/20 09:57:06 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190520-OYT8I50008-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ