育休復帰後 居場所なくつらい

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]育休復帰しましたが、もやもやします

 部署異動の直後に妊娠し、1年間の育休に入りました。出産後は毎月会社を訪れ、2~3時間赤ちゃんを同僚に見せ、顔つなぎをしました。しかし、職場復帰後、私の補充の女性社員が男性社員と肩を並べて激務をこなしています。時短勤務の私は「制約がなければ」と悔しく感じます。同僚は気を使ってくれますが、復帰が待ち望まれていると思っていたので、居場所がないようでつらいです。(悩める母)

※トピは⇒こちら

[レス]境遇に感謝し両立を/腐らず知識を吸収/現実は甘くない/将来恩返しする

◆そんなにつらいのならやめましょうよ

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 異動すぐの妊娠は仕方ありませんが、毎月2~3時間の赤ちゃん顔見せは迷惑ですよ。仕事の邪魔になるとは思わなかったのですか。今できることは、境遇に感謝して、子育てと仕事を両立することです。もっと自分に自信を持ちましょう。辛いのならすっぱりやめましょうよ。(母は強し)

◆焦らないで…

 トピ主さんは結婚と子どもという幸せを手に入れました。今は母であることに重きを置いているのですよね? あれもこれもと欲張ってはいけません。育児が一段落したら、バリバリ残業でもして取り戻したらいい。頑張れ~(還暦)

◆時間はかかるけど

 私も育休を2回取りました。最初の復帰の時はジレンマがすごくあり、トピ主さんの気持ちはわかります。子どもが大きくなれば、パフォーマンスは回復します。それまでは腐らず、知識や人脈を貪欲に吸収することです。(ゆから)

◆今が踏ん張りどころ

 私も復帰して1年。地道にコツコツ進めるしかありません。あなたがいないと生きていけない赤ちゃんという人間を抱えているのですから。ワーキングマザーを迷惑だと思う人が多いのは私も感じますが、それを乗り越えるため、頑張りましょう。(ワーママ)

◆会社に期待しすぎ

 子連れで顔を見せに行くとみんな喜んでくれ、自分の思い通りにしてくれると、気持ち的に会社を私物化していましたね。輝いて活躍する女性のつもりだったかもしれませんが、現実はそう甘くありませんよ。会社は労働力を提供し、対価をもらうだけの箱に過ぎません。(わらびちゃん)

贅沢ぜいたくです

 このご時世、温かく迎えてもらえるだけで幸せです。実際問題、戦力としては以前より落ちているのですから、仕方のないことです。これからお子さんが体調を崩し、休んだり早退したりすることが増えるんですから、割り切った方がいいです。(にゃんこ)

◆今現在会社に貢献できていないのは事実

 会社はお金をもうけてなんぼです。少なくともトピ主さんは今、業績で貢献していません。それを当然と思ってはダメ。将来恩返しをするという意気込みが欲しいですね。自分の損得を基準に行動したら、会社での居場所がなくなるだけですよ。(セイウチ)

◆ここまで来て

 なぜ夫の話がほとんど出ないんだろう。職場のフォローも必要だけど、何より夫の協力と理解が一番大事だよね。夫が難色を示しているのかも。まず夫の協力を自力で勝ち取る強さがないと。(わん)

◆子供産みにくい社会ですよね

 女性活躍と言いながら、出産育児で戦力外にされる会社が多いですよね。きっと日本中の会社が普段から長時間労働をしないとこなせないほど仕事が多すぎて、気持ちにも余裕がないから、周りに優しくなれないのではと思います。(二児の母)

合格点下げ自己評価

 雇用問題に詳しい千葉商科大専任講師の常見陽平さんの話 「私ももうすぐ2歳の子育て中で、妻もフルタイムで働いているため、自分が食事作りなどを担当しています。以前と比べ、時間がなくなりました。必要なのは『できないと認めること』だと思い、優先順位を付けて物事をこなす努力をしています。また、自分の合格点を下げること。育休明けの限られた時間で、よくやっていると自己評価することも必要ではないでしょうか」

無断転載禁止
600986 0 くらげっとろじ~ 2019/05/30 05:20:00 2019/05/30 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190524-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ