片付けない夫にイライラ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]片付けが出来ない夫に怒り心頭です

 30代の働くママ。同い年の夫は片付けができません。使ったものは出しっぱなし、置きっぱなし。昨年建てたマイホームに大量のマンガやゲームソフトなどを持ち込み、段ボールに入れたまま、今は使っていない子供部屋に置いています。片付けるように言っても、忙しいなどの理由をつけて逃げます。私が片付ければ済むのでしょうが「なぜ尻ぬぐいを」と思います。私は整理整頓された家に住みたいのです。(いよ)

※トピは⇒こちら

[レス]宇宙人だと思って/一緒に試行錯誤/私ばかりと思わない/代わりにやらない

◆気にならない

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 私の夫も全く一緒。脱いだ衣類はベッドや椅子に掛けっぱなし、ペットボトル飲料のキャップもちゃんと閉めない。私が気になったり、イライラしたりすることが、夫は嫌だと思わないし、気にならないんです。トピ主さんも「夫は宇宙人」とでも思って、おおらかな気持ちで生活してみては。(たんたん)

◆もう荷物と一緒に夫を段ボールへ

 ウチの夫も相当な散らかし屋です。本人はそれが心地良い状況なんですよ。我が家も夫の書斎を作りましたが、今や物置。だから、絶対に「空き空間」を与えてはダメ。夫の荷物を妻が片付ける方が楽ですが、これをやっちゃうと、夫は一生、片付けませんよ。(アン)

◆親がしつけなかったので無理ですね

 子供のころに片付けや、我慢することをしつけられていないまま大人になった残念な人が多いです。お子さんがそうならないようにしましょう。(シリコンバレー)

◆夫にとっても片づけやすいように

 私自身が片付けは大の苦手。だからこそ、夫と片付けやすい方法を試行錯誤してきました。まず、持ち物を減らし、収納では私の領域と夫の領域を隣同士にする。扉を開けるたびに私の方が片付いているのが目に入るようにしました。文具などは、テレビ好きな夫の目に必ず入るテレビ台の引き出しに入れるように決めました。ご主人のやりやすい方法も少し考えてはいかがでしょうか。(めんどくさがり)

◆やりたい方がする

 主人もめったに片付けませんが、私は何も言いません。言うだけ無駄と諦めています。結婚14年で、お互いの暮らし方が出来上がっているからかもしれません。あと、「なぜ私ばっかり」という気持ちを持たない。結局、きれいに住みたい人がきれいにするしかないのです。意地でも片付けないと思う方が精神的によくありませんよ。(ラララ)

◆捨てました

 元夫は、脱いだら脱ぎっぱなし、靴下は裏返しのまま。これだけが原因じゃないですが、最終的に元夫ごと捨てました。元夫の実家に行った時、義母が元夫の後ろをついて歩くように片付けていました。そういう環境で育ったからだったんだなと思わず納得してしまいました。(あらー)

◆まず教育、でしょうか

 代わりに片付けるのはやめ、その場で、夫を呼んで片付けさせるのです。子供のしつけと一緒。冷静に、怒る必要はないので。面倒でも、これを繰り返す。自分のものも少なくして、掃除や片付けをしやすくしておく必要はありますね。(しまねこ)

◆ダンナの部屋を作った

 うちも子ども部屋を一時的にダンナの部屋にしました。一番よくないのが段ボールに入ったままという状態。いるものならちゃんと出して棚などに並べる。とにかくダンナの専用スペースを決める。はみ出したものは捨てるという条件を必ず守る事です。共有部分の片付けは残念ですが、ある程度あきらめましょう。(もうすぐアラカン)

メリットを伝える

 整理収納アドバイザー・大矢光子さんの話 「相手にやってほしいことを言葉で伝えましょう。感情的に責めるのではなく、理解してもらう姿勢が大切です。例えば『片付けると2人の時間が増えるね』など、やる気になるメリットを伝えましょう。心地よさは人それぞれ。家族がいれば、すべてが自分の思うようにならなくて当たり前です。完璧を求めず、多少散らかっていても幸せと思えるマイホームを作ってくださいね」

無断転載禁止
613062 0 ピックアップ 2019/06/06 05:20:00 2019/06/06 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190531-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ