余計な食べ物を買ってくる夫

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]いらないと言っているのに食べ物を買ってくる夫

 夫に買い物を頼むと必ず頼んでいない食べ物も一緒に買ってきます。食べきれずに捨てることも多々あり、やめてもらおうと話しても伝わっていないようです。私の誕生日も、前日に「絶対買ってこないでね」と真顔で言ったのに、当日、ケーキとプリンを買ってきて笑顔で「冷蔵庫見た?」と。私が喜ぶと思っての行動なのは分かりますが、嫌だと伝えても繰り返すので参ります。どうしたらやめてくれるでしょうか。(あずき)

※トピは⇒こちら

[レス]ストレス発散?/厳しく根気強く/昔、我慢した反動で

◆私の夫も似てます、

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 いつもちょこっと何か買ってきたり、いらないと言ってもシュークリームを買ってきたり。多分、お買い物がストレス発散の一部なのかも。ご自身が喜んであげるのが相手の満足に直結するでしょうから、何回かに1回は喜んであげてメリハリをつけてみては?(お昼寝コロコロ)

◆旦那さんが食べたいのでしょ?。

 トピ主さんを喜ばせるためというより旦那さん自身が食べたいものを買っているってことでは? トピ主さんがいらないと言っても旦那さんは食べたい。余らせて捨てているのは旦那さんはご存じですか? トピ主さんが食べていると思っているかもしれませんよ。(ヤムヤム。)

◆自己満足とか儀式で、習慣化してる

 たぶん、ルーティン化してるのでは? やらないと気持ち悪いとか1日が終わった気がしないとか。我が家の夫が同じで、仕事帰りに必ずコンビニなどでお菓子を買って帰ってきます。本人に聞くと、「仕事モードからのスイッチの切り替え」とか言ってます。行動を変えるのは難しそうなので、お使いを頼むなど何かに置き換えたら。(はて?)

◆もっとはっきり言うとか

 厚意だからとはっきり言えなかったんだと思いますが、「せっかくの誕生日なのに、何も買ってこないでほしいというお願いすらかなえてもらえず、残念だ」と厳しく言うべきでは? そして、いらないなら絶対に食べない。私だったら、傷む前に冷凍して、全部夫に食べてもらいます。(月見大福)

◆そういう家庭で育ったのかも

 多分義母さんがそういうタイプなんじゃないですか。彼らにはそれが常識、スタンダード。「いらない」を真に受けない、っていうやつ。めんどくさいですけど、「気持ちはありがとうね、あなたは逆されたらうれしいかもしれないけど私は違うの」と根気強く言い続けるしかないと思う。子どもに教えるように。(散歩)

勿体もったい無い

 捨てた物リストを書きましょう。細々書き、横に金額も書いておく。累計する、もしくは紙一枚ごとに集計すればいかにもったいないかわかると思います。ご主人のおこづかいでしょうから勝手ですがその分減額すると脅しましょう(やり過ぎですけど)。教育し直しましょう。(だいず)

◆私も同じ…。

 私も同じことをやります。子どもの頃にお菓子を買ってもらえず、姉や兄が優先的に食べてしまった。大人になった今も当時の記憶がこびりつき、お菓子を買わずにいられない。自分が我慢した物を人に買ってあげると、すごく満たされた気持ちになるんです。先手を打ってお煎餅や梅干しなど日持ちのするものをリクエストしては。(ももも)

◆手紙、もしくはメールを書く。

 以前、私も似たような出来事がありました。事柄は全く違うのですが、旦那から真剣に「やめて欲しい」と訴えるメールがきました。そんなに嫌がっているとは全く気付いていなかったので驚愕きょうがくしました。あなたもメールを書いてみたら。真剣に訴えてやめてもらった方がいいですよ。(ハラホレヒレハレ)

互いに理解し合う努力

 夫婦の問題に詳しいカウンセラー、高橋知子さんの話 「関係が険悪な夫婦は、『気持ちや考えが相手に伝わらない』と口をそろえます。夫婦が仲良く暮らすには、自分の思いを丁寧に伝え、相手の言葉に耳を傾ける努力が互いに必要です。妻は、不要な理由や、もらってうれしい物などを夫に伝えるといいでしょう。ささいなことも積み重なるとストレスになります。どんなことも、夫婦で話し合う時間を作ることが大切です」

無断転載禁止
640526 0 くらげっとろじ~ 2019/06/20 05:20:00 2019/06/20 05:20:00 (イラスト・山崎のぶこ) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190616-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ