おすそわけ もらうと負担?…光浦靖子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回気になったトピはおすそわけ。トピ主さんの実家は農家で、いろんな果物を送ってくれるそうです。食べきれない分を知人に持って行くと「お返しを考えなきゃいけないので要らない」と言われたそうです。トピ主さんが「お返しなんか気にしないで」と言っても。それについての皆さんの意見に驚きました。世の中は、あげる方も、もらう方も、そんなに気を使っているのか! わざわざ買った物ならお返しは考えるけど……。もらう方も負担?

 私の実家では、農家の親戚、農家のご近所、いろんな人から物をよくもらってました。「もらってくれた方が助かる」と、傷がついて売れない野菜、取れ過ぎて腐らせてしまうしかない野菜、楽しさのあまり釣り過ぎてしまった魚、「美味(おい)しくできたから」という物など。多分、うちの親はこれといったお返しはしていないと思います。したとしても、たま~にでしょう。でも、何十年たった今でも、「ごんぎつね」の世界のように、気付くと玄関の前に野菜などがどっさり置いてあります。

 そんな所で育ったせいか、私はなんの躊躇(ちゅうちょ)もなくおすそわけをもらいます。最近は、近所に住むサンドウィッチマンの伊達くんから、アサリ、油揚げ、りんご……。色々、もらっています。小さな娘さんと手をつないで、私の家に届けてくれるんです。もう、キュートの塊。

 私も仕事場などで沢山(たくさん)食べ物をもらったとき、おすそわけします。お返ししなきゃ、という気持ちじゃなくて、あげることも楽しいんですよ。頂き物って、特に食べ物って、それ自体に福がある感じがして、福を回してる感じがして。だから、みんな好きでおすそわけしてるんだとばっかり……。当面、やり取りは伊達家だけにしておこう。

光浦靖子(みつうら・やすこ
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。
無断転載禁止
696224 0 ピックアップ 2019/07/22 05:20:00 2019/09/30 15:57:19 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190718-OYT8I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ