読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ありがとうの多用 よくない?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]「ありがとう」の安売り

 数年前、大好きだった祖母が亡くなり、「もっと感謝を伝えれば良かった」と後悔しました。それから家族や友人、恋人などに、何かしてもらった時などに「ありがとう」と伝えるよう心がけています。ところが先日、友人から「いつもありがとうって言うけど、安売りになっていて、うれしくない」と言われ、衝撃を受けました。あまり言わないようにしたほうがいいのでしょうか。(すずひら)

※トピは⇒こちら

[レス]気にせず使って/受け取り方色々/あいさつ代わりはダメ

◆「ありがとう」は 素敵すてきな言葉

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 自然にいつも言えるなんて、素晴らしい。友人の言うことなど気にせず、使ってください。友人には「ありがとうと思うから言っているだけ」と答えればいいです。(梅雨前線)

◆安売りで結構

 私もたくさん言いますが、安売りなんて言われたことは全くありません。言われて気分が悪くなる人なんて、ほんの少しでしょう。「ありがとう」以外の言葉、例えば「うれしい」を使ったり、具体的にどこを感謝しているかを伝えたりしてみては。(わかめ)

◆そうですか

 私はそうは思いません。何かをしてもらって無言でいるより、ずっといいと思います。最近の学生はバイトの影響もあるのか、ちょっとしたことにも「ありがとう」と言う傾向があります。でも、私はその一言がうれしいです。世の中を生きる知恵だと思っています。(likewise)

◆私も言われたことありますよ!

 「ありがとうって言い過ぎですよ。押しつけでうっとうしいです」と職場の後輩に言われました。ショックでしたが、元々後輩になめられていたんでしょうね。でも今も言います。優しい夫に出会え、お礼をよく言う私を好んでくれます。自分の幸せにつながっている自負があります。続けていけばいいと思います。(ひのひかり)

◆臨機応変に

 「うれしくない」とハッキリ言う人には今後控える。それ以外の人には今まで通りにする。反応は見た方がいいかも。相手によって態度を変えるなんてと思われるかもしれませんが、色々な受け取り方がありますから。(ランタナ)

◆難しいなあ

 うーん、世の中にはそう思う人もいるのかもしれないね。友人には祖母との経緯を伝えればいいと思う。でもその後どうするかは本当に難しい。「言い過ぎていないかな」と自分を客観視するのもいいかもしれない。(カロリー)

◆言い過ぎると軽くなる

 お友達の言うこともわかります。誰彼かまわず「ありがとう」をあいさつ代わりに使うと、言葉が軽くなる気がします。最近なんとなく世の中全体が「ありがとう」を「こんにちは」代わりに乱用している感じがします。美しい言葉でも使いすぎると思考が停止して、卑屈にさえなるような気もします。(五月雨)

◆少し気にしてもいいかも…

 そう受け取った人がいたということは、そういう場面があったということでしょう。「心がけている」くらいですから、自分で意識して言っているわけで、自然には出てこないということ。自分の感情に素直に行動していなかったということでは。(くよー)

◆お礼をいう文化もあります

 私の生まれ育った地方では、お店で物を買っても外食しても、お客さんは「ありがとう」と言います。その習慣がない地域があることも知りました。個人的には言う方が好きですが、押しつけるものでもありません。トピ主さんも個性を尊重してくれない友人と無理に付き合う必要はないと思います。(関西人)

感謝表し前向きに

 学生の就職活動支援などを行うキャリアコンサルタントの上田晶美さんの話 「基本的に『ありがとう』の安売りはないと思っており、学生に対しても『頑張ってやってくれてありがとう』とメッセージを伝えています。感謝を表すと、自分も前向きになれる気がしてくるのもいい点ですね。ただ、『サンキュー』などと軽く言うのは失礼だと感じられることもあるので、どう受け取られるかを考えながら用いてはいかがでしょう」

無断転載・複製を禁じます
717707 0 ピックアップ 2019/08/01 05:20:00 2019/09/30 10:46:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190731-OYT8I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)