SNSで悪口 理由聞こう…香山リカ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学1年の授業では、必ず「SNSと私」というテーマでスピーチをしてもらっている。すると時々、「過去にトラブルがあってSNSはやめた」と話す学生がいる。多くは「自分の悪口が語られているのを見てしまった」というものだ。

 トピにも「一緒に撮った画像をインスタにあげたら『ブス』という投稿があった。絶対、私のこと」という悩みがあったが、レスのほとんどは「完全にスルーしよう」だった。悪口らしき投稿があっても、放置するのが賢い態度かもしれない。しかし、「SNSが怖くなった」と語る大学1年生たちを見ていると、見て見ぬフリはそれほど簡単ではない、と思える。

 では、どうするか。私は、基本的には「恐れずにもっと話してみるべきだ」と考えている。私たちはあまりにも議論を恐れていて、少しでもネガティブなことを言われたら、黙ってSNSから去ったり、スルーしたふりをしたりする。ただ、よく考えると、悪口を言われた方には非はないのだとしたら、消えたり黙り込んだりする必要もないはずだ。

 「どうしてそんなこと言うの?」と理由を聞いたり、「そんな言い方はやめてほしいな」と気持ちを伝えたりして、そこから言葉の応酬になったっていいではないか。それで誤解が解けることもあれば、「やっぱりこの人とはムリ」となる場合もあるだろう。

 もちろん、悪口を言われた人はショックを受けるから、言い返すパワーもなくなるかもしれない。そんなときは、まわりの誰かが「その言い方、おかしいかも」と意思表示してほしい。「いいね!」と言い合うだけがSNSの良さとは限らない。おかしいと思ったら「違うよ!」「やめて!」と言えるのもまたSNSならでは、ではないか。

香山リカ(かやま・りか)
 精神科医、立教大教授。1960年、北海道生まれ。豊富な臨床経験を生かし、新聞やラジオ、テレビなど様々なメディアで、現代人の心の問題について発言している。
無断転載禁止
743074 0 ピックアップ 2019/08/19 05:20:00 2019/09/27 17:23:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190815-OYT8I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ