遠距離恋愛の彼か仕事か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]仕事を辞めて彼についていくべきか

 新卒でまだ入社4か月。付き合って5年の彼氏と遠距離恋愛になってしまい、彼から「結婚はしてないけれど、ついて来られるならそうしてほしい」と言われました。ついていきたいとは思いつつ、まだ迷っています。今の会社の仕事は嫌いではないし、上場企業でもあり、結構いい職場です。新卒で社会人になってすぐの転職は大変だとも聞きます。どっちが正解なのか、ご意見をいただけませんか。(ゆ)

※トピは⇒こちら

[レス]辞めるのは愚の骨頂/仕事を続けて/さっさと婚姻届を

◆リスクをしっかり考えて?

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 どちらが将来に役立つのかをよくお考えください。一時の情熱に負けるなら、それはそれ。あなた自身の選択の結果ですから、ちゃんと受け入れれば良いだけの話です。ですが、アラフィフ目前の正社員共働き2児の母からすると、新卒で入った大企業を辞めるなんて、愚の骨頂。(じゅんくん)

◆言い訳が必要なうちはやめておく

 トピ主さんの年齢だと、「ついて来られるならば、ついて来てほしい」と言われるだけでもうれしいでしょうね。ある程度年を重ねた私には、その言葉は「どうなっても責任は取れないけど」と言ってるようにしか聞こえません。このまま仕事を続けることをお勧めします。(あんぱん)

◆あのね。

 今、トピ主さんに辞められたら、会社は大損です。まあ、そこは会社の都合だから置いておくとしても、仕事を辞めてまでついていく価値が彼にあるとは思えません。遠距離恋愛がつらいのは、2人の間に絆がないからでは?(さらしな)

◆まずは自立が先

 あなたも仕事を続けて自立するのが先でしょう。お金をためて、自分ひとりで生きていける力をつける。転職を見据えて、情報収集も抜かりなく。数年で転職する気持ちで仕事すれば、何でも勉強してやろうという気持ちになるでしょう。それから、彼がいてもいなくても楽しめる何かを見つけること。そんなすてきな女性になれば、彼が慌てて求婚してくるでしょう。(もちこ)

◆しっかり!

 その会社に入りたくても入れなかった人もいるでしょう。会社はあなたを雇うのにどれほどの経費や時間をかけて人選し、いずれ戦力になると考えて、お給料もそれなりに出してくれているのかを、分かっていますか。これ、まだ戦力になる前の人に対する投資です! でも今後を考えて会社は決断したのです。働く人間はそれに応える義務があるのですよ!(ひまわり)

◆分かる気もしますけど。

 仕事を辞めたい時期だよね。彼についていけば、再就職が大変だという理由で、そのまま専業主婦になれるかもしれない。いずれにせよ、何が正解であるかについては、トピ主さんが選ぶことです。責任転嫁せずに、自分の責任で選びましょう。(ええっと。)

◆2年間、遠距離恋愛でした

 世間体を気になさらないのであれば、すぐ辞めてしまってもいいと思います。どのみち辞めるつもりであれば、早めに申し出てくれたほうが、会社としても助かりますからね。私は遠距離恋愛でしたが、自分で「会社への義理は尽くした」と思えたタイミングで結婚退職しました。(るる)

◆トピ主さんからプロポーズ

 トピ主さんからプロポーズして、さっさとご両親にあいさつして、婚姻届だけ出して引っ越せばいいんですよ。結婚式は後回しにしてかまわない。恋愛感情だけで動くと後で大変になるかもしれません。よく考えてね。(あんず)

まず彼と話し合う

 女性の転職事情に詳しいキャリアコンサルタント、金子彩さんの話 「トピ主さんの将来設計を踏まえて、彼と向き合い、話し合うことが先決です。彼についていくか、いかないかの選択はそれからのこと。入社後すぐの離職は転職に不利に働くのでは、などの発想もとりあえず脇に置いてください。トピ主さんが、彼とどんな家庭を築き、自身のキャリアを積みたいのかをハッキリとさせてから動き出しても遅くはありません」

無断転載禁止
769518 0 くらげっとろじ~ 2019/09/05 05:20:00 2019/09/05 05:20:00 発言小町。トピ「仕事を辞めて彼についていくべきか」のイラスト※「イラスト・山崎のぶこ」をつけてください https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190829-OYT8I50067-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ