「夫婦のお金」誰のもの…香山リカ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 夫婦のお金は誰のものか。法律的には「夫婦が共同で成した財産」と考えられているから、「2人のもの」である。ところが、特に夫婦で収入に差がある場合には、「誰が直接、稼いだお金なのか」という点がケンカの原因になりがちだ。

 診察室でも「夫に“誰が給料もらってきたと思ってるんだ”と嫌みを言われる」と訴える主婦は少なくない。夫が働ける環境を作っているのは自分なのに、夫から「オレが稼いだ」と言われると女性はとても傷つく。相手を支配し服従させたい、という心理が夫の心に隠れているのだろう。

 夫からの投稿で、妻が子どものスポーツ費用に貯蓄などのほとんどをつぎ込んでいてショック、というトピがあった。もちろん共有財産の使い道を自分の一存で決めていた妻も問題かもしれないが、そもそもトピのタイトルが「妻の使い込み」となっているのに違和感を覚えた。

 遊興費にあてたわけでもないのに、「自分が稼いだお金を妻が無断で使った」と怒っている。そこには「お金を直接稼ぐ方に使い道を決める権利がある」という支配の感覚があるのではないか。もしかすると、それがふだんから家庭内に漂っているので、妻は「子どもの才能に賭けてみたい」と夫に話せなかったのかもしれない。

 働くのはたいへんだ。私も給与所得者なのでよくわかる。とはいえ、「家族はチーム」と考えてそれぞれを尊重しながらやっていかないと、「誰のカネだと思っているんだ」「誰のおかげで働けていると思うの」と権利の主張が始まる。「いまパートナーは何を考えているのかな? 何か困ったことはないかな?」と関心を持てないようなら、夫婦を続ける意味はない、ということだ。

香山リカ(かやま・りか)
 精神科医、立教大教授。1960年、北海道生まれ。豊富な臨床経験を生かし、新聞やラジオ、テレビなど様々なメディアで、現代人の心の問題について発言している。
無断転載禁止
801677 0 ピックアップ 2019/09/23 05:20:00 2019/09/27 10:54:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190918-OYT8I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ