「ありがとう」ナシはキツい…光浦靖子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回気になったトピは、30代男性の付き合って3か月の彼女が図々(ずうずう)しい、というものです。食事に行くと、会計のときに彼女は財布を出すことは出すが、全く払うことはしない。その上「ありがとう」も言わない。あっても軽く「ごっそさん」。しかしTポイントカードは素早く出す。この彼女と別れたほうが良いかと彼は悩んでいます。

 「ありがとう」ナシはキツいですねぇ。彼の言うことわかります。お金が、金額が、じゃないんですよね。「ありがとう」なんですよね。

 小銭を持ってなくて、でも飲み物買いたくて「100円貸して」と言う友人がいますでしょう? 私はあれが嫌いなんですね。返してくれるなら「貸して」でいいですよ。でも100円て。貸した方も、借りた方も忘れるでしょう? 返さなくても許される額。貸した方が「返して」と言えない額。だから100円は貸しません。おごります。100円のかわりにちゃんと「ありがとう」をもらいます。

 その逆もあります。すぐに返せる状態ならいいですが、しばらく会わないな、こりゃ忘れるな、な状態のときは「コーヒーおごって」と言います。そして「ありがとう」と言います。人に「おごって」なんて言うのは、みっともないことです。みっともないというオプションもつけての100円です。あ、これはもちろん、貧乏でない、持ちつ持たれつの関係の友人だけですよ。誰彼かまわずやったら、たかり屋ですからね。

 子供のときから「自分がやられて嫌なことは人にしてはいけない」と教えられ、たいていの人がそうしていると思います。私も私が嫌だと思うことは人にはしないのですが、私の感覚がズレていた場合はどうなるんでしょう。最近、悩みます。

光浦靖子(みつうら・やすこ
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。
無断転載禁止
814743 0 ピックアップ 2019/09/30 05:20:00 2019/09/30 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190926-OYT8I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ