正社員希望だったのに契約終了

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]40歳契約社員 突然の契約終了…悩んでいます

 9歳と5歳の子育て中の兼業主婦。契約社員として働く会社から、年度末での契約終了を告げられました。子どもが2人とも小学生になったら正社員になりたいと考えていて、通告はショックでした。その後上司から、親会社の契約社員ではどうかと打診されました。受けるべきか、正社員の職を探すべきか。なお過去に一度、子どもを優先して正社員の話を断ったことがあります。(非正規社員)

※トピは⇒こちら

[レス]頑張りを誇りに/ドライに割り切る/両方は得られない/取り越し苦労せずに

◆ショックでしょうが

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 将来の保証は誰にもなく、みんな頑張っています。お声がけいただいたのだから恵まれてます。それはあなたが頑張ってきた成果では? ご自分を誇れることですよね。条件のいい契約社員より、条件のわからない正社員を探し続けるのなら、それもひとつの選択です。(ふぅ)

◆ご縁。かも。

 トピ主さんにとって「契約社員」「正社員」へのこだわりはどれほどなのかにもよりますね。このタイミングでの親会社での求人。上司がパッとトピ主さんを思い浮かべて声をかけた、という点。私はこういうのを「運命的!」とか「ご縁」などと考えるのが好きです。(めたも)

◆親会社で働きつつ正社員も探す

 とりあえず親会社で働きながら、正社員の職も探してみては。次の転職先には、事情を説明すれば、理解してもらえると思います。もしも事情を理解しない会社ならば縁がなかったということで。ドライに割り切って働きましょう。(あみ)

◆自業自得だよね…

 過去に正社員になることを断った時点で想像できたはずでは。契約社員はあくまでもその場しのぎということですよね。私も子どもがおり、子育てが大変なのは分かるけど、両方を得ようとするのはぜいたくなのでは。みんな何かを諦めて生活しているのが現実でしょう?(Lea)

◆違うでしょ

 会社は、小さい子どもがいるのに、あなたを正社員にしてくれようとした。でも、そのチャンスを蹴ったのはトピ主さんご自身ですよね。正社員で勤務しながら子育てしている人はたくさんいます。私なら親会社の契約社員の話を受けるかな。そこで様子を見て、正社員への道が厳しいようなら、他の会社を探します。(エミネル)

◆ダメもとで交渉してみたら?

 「以前正社員のお話をいただいた時は子どもが小さくてお断りをしてしまい、ずっと後悔しています」って、交渉してみたら。過去に正社員の話を提案されたのはすごいことです。取り越し苦労はやめましょう。ただ、正社員が安定しているなんて幻想では、っていうのが私の忌憚きたんのない意見です。(さぼりんまま)

◆希望すれば正社員になれるのでは?

 いきなり正社員で雇用するのはリスクが高いから、トピ主さんの会社では、まずは契約社員として雇用するのでしょう。そこで一定の評価があれば、正社員にするという方針だと思います。一度正社員を断っているから今回も契約社員の話が来ただけで、主さんが正社員を希望するなら、会社もぜひお願いします、ということになるかもしれません。(匿名)

◆頑張ってください。

 小学生といってもまだまだ手がかかります。宿題とか、友達関係とか。学校の役員の集まりもあります。もちろん正社員で頑張っているお母さんもいます。どのような選択をしたとしても頑張ってくださいね。(ふわっと)

自身の価値観把握を

 3人の子どもを育てているキャリアコンサルタント、斎藤麻実さんの話 「上司から声がかかったのは、トピ主さんが子育てと両立しながら、周りのために頑張ってきた証しです。まずは自分を褒め、これまでを振り返ってください。正社員、契約社員のどちらにせよ、心晴れやかに働くためには、自身の価値観をしっかり把握することが大切。どうすれば自分が充実した気持ちになれるのか、一つ一つ書き出してみてはいかがでしょう」

無断転載禁止
839007 0 ピックアップ 2019/10/17 05:20:00 2019/10/17 05:20:00 10月8日付発言小町イラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191010-OYT8I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ