告白前から「お前」嫌悪感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]お前って言わないで!!

 ある男性と趣味を通じて知り合い、その後告白されました。男性はその告白の数日前から、私のことを「お前」と呼ぶようになりました。私は「お前」は敬意のない失礼な呼び方だと感じており、「嫌だからやめて」と伝えたのですが、「気を許していて、親しみを込めているからこそ『お前』って呼びたい」とその男性は言います。告白されたこと自体にも嫌悪感が生まれ始めています。(さんかく)

※トピは⇒こちら

[レス]失礼な呼び方/かわいがられてる/親しみ感じないなら

◆私もイヤだー

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 私も「お前」って呼ばれるのは大嫌いです。明らかに下に見られている気がします。失礼な呼び方だと思うので、そういう人とは話もしたくありません。その男性からは「モラハラ(モラル・ハラスメント=精神的暴力)」のにおいがします。(みかん)

◆お前って誰?

 「お前」なんて呼ばれたら、私は返事しません。そう呼ぶ人とはそのままお別れです。「お前って誰? 私には名前あるよ」。そう言います。(フィヨルド)

◆俺の女扱い

 その男性はトピ主さんを「俺の女」扱いしています。ナルシシストな気がします。この手の男は「あいつ、これが好きでさー」などと言って、周りの人にもトピ主さんが彼女であるかのように振る舞いますよ。友人などに相談して、この男性とははっきりと距離をおきましょう。(匿名)

◆違和感

 部活動でお世話になった先輩や同じ釜の飯を食べた友達なら、「お前」と言われても違和感がありません。告白しただけで「お前」と呼ぶのは不自然な気がします。親近感の押し売りというか、ずうずうしい印象ですね。(三毛猫)

◆人は人、あなたはあなた

 「お前」って呼ばれるのが嫌だという女性はいますよね。私は全く嫌じゃないです。父や職場の男性上司からも「お前」と呼ばれていました。かわいがってもらえているようでうれしかったです。夫もたまにそう呼びます。私の場合は「てめぇ」は絶対に嫌です。こういった感覚は人それぞれですね。(ハイボール)

◆嫌じゃない場合を考えてみた

 気を許しているから「お前」って呼びたいという気持ちは、分からないではないです。ただし、お互いの気持ちの上で同等で、魅力を認め合っていることが条件だと思う。これは彼氏彼女の関係に限らず、上司や同僚、友人などでもいえること。(ナノア)

◆そこが問題じゃない。

 その男性は告白しただけで、まだトピ主さんとお付き合いをしていない。彼女ではないにもかかわらず、その呼び方はなれなれしいし、デリカシーがない。トピ主さんが嫌だと言っているのに、「俺は呼びたいから呼ぶ」という自己中心的な考え方が、いいか悪いか。親しみを込めた態度を嫌だと感じるなら、その人はナシってことです。(アラフォ)

◆条件だしてみれば?

 お付き合いをする条件として「『お前』って呼ばない」などを突き付けてみればいいのでは。言うことを聞いてもらえなかったら付き合わない。条件をのんでくれるなら、1日デートするとかね。(ぷ~にゃんパン)

◆ぜひ「お前返し」してください。

 「これからは私も『お前』って呼ぶから」。トピ主さん、そう冷たく返しましょう。男性が「お前返し」に怒るようだったら、「自分がされて嫌なことをよく平気で私にするよね」と言ってやりましょう。(すいっちぽん)

相手の気持ち理解して

 立正大学心理学部教授の川名好裕さんの話 「『御前おまえ』は平安時代から江戸時代頃までは『高貴なお方』という意味でしたが、次第に庶民に広まり、同等もしくは目下の相手に使われるようになったと考えられています。語源的に尊敬を表すのに軽蔑けいべつが感じられる言葉に変化したのです。『お前』と言われると、見下されたと思う人は増えているようです。相手が嫌がることを理解できないのでは、上手なコミュニケーションはとれません」

無断転載禁止
876788 0 ピックアップ 2019/11/07 05:20:00 2019/11/07 05:20:00 (イラスト・山崎のぶこ) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191101-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ