箱入り娘を信じてあげて…大久保佳代子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学生の娘さんの言動に頭を悩ますお父様のトピを見つけました。

 トピ主のお父様、娘に悪い虫がつかないよう家賃25万円のオートロック付きマンションを借り、勉学に専念できるよう月々30万円の仕送りまでしていたのに、彼氏と家賃10万円のマンションで同棲(どうせい)、アルバイトも始め卒業後に結婚の約束までしてしまうという、お父様からしたら「まさか」の展開に。でも、これって「あるある」。初めて親の監視下から離れ、何でもできる状況となったら、そりゃしますって。

 私が大学生になってしたかったことのトップ3は「恋愛」「バイト」「(当時流行(はや)りの)ソバージュ&赤いルージュ」でした。初めての彼氏にのめり込み過ぎて、深夜2時に無性に会いたくて、多摩川の土手を彼のアパートがある上流部へ向かってソバージュを振り回しながら走ったことも。

 こんな奇行は、後にも先にもこの時だけ。結局、その彼は二股をかけるような悪い男だったのですが。当時は傷つき落ち込みましたが、今となっては誇らしい恋愛遍歴のひとつに。だって、大学生でしか、そんなエネルギッシュな行動できないですから。

 娘さん、あまりにも過保護な環境に反発したくなったんでしょう。家賃6万円くらいのアパートに住み、バイトを掛け持ちし、彼氏の愚痴を言っている友達を見て、子供過ぎる自分に焦ったのかも。心配する気持ちは分かるけど、これは止めたところで反発してもっと悪い方向へ行くことも。

 今まで大事に育ててもらったことは、娘さんも分かっているはず。親を本当に悲しませることはしないのでは。お父様が言う無茶苦茶な人生になるような選択はしないのでは。とりあえず信じてあげてほしい。すみません、無責任に言っています。 

大久保佳代子(おおくぼ・かよこ)
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの光浦靖子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組やドラマなどに多数出演。主な著書に「美女のたしなみ」(徳間書店)など。
無断転載禁止
888380 0 ピックアップ 2019/11/11 05:20:00 2019/11/11 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191108-OYT8I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ