「喪服ない」理由に葬儀行かず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]喪服を持っていない同僚

 中小企業で事務をしています。社長の知り合いなどに不幸があった場合、お通夜に社長、部長ともう一人で行くのですが、入社3年目の同僚は一度も同行したことがありません。理由は喪服を持っていないから。でも、お通夜は私の住む地域から遠いことも多く、私は彼女にも行ってほしいと思います。喪服を持っていない、必要としない人は最近多いのでしょうか。彼女は25歳、私は27歳です。(トピ主)

※トピは⇒こちら

[レス]持っていて当然/黒っぽい服装なら/めんどくさいだけ

◆常識かな

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

 強制ではないとはいえ、新入社員でもないのなら喪服の一つも持つのが常識かと。仕事関係で葬儀に参列する機会があるなら、なおさら。安いセットもあるのに、それすら買わないのはどうかと思います。常識を疑われるのは彼女の自業自得です。(あんな)

◆社会人なら常識

 先日参列したお葬式には、黒とはいえノースリーブで腕がむき出しの女性や、真っ赤な口紅の女性までいました。ご遺族と共に、亡くなった方をお見送りするために参列するのだから、最大の敬意を表す意味でフォーマルな服装が当然。持っていないとか、きれいに見せたいとか、自分の都合を出す場ではないと認識してほしいです。(ぽち)

◆買っても1、2度しか着ない

 私もきちんとしたのは持っていません。喪服ってなかなかのぜいたく品だと思います。そのくせ着る機会はめったになく、出番が来た頃には流行遅れ。普段から着られる、黒のブラウス、黒のスカートが当たり前になってくれたら買いやすいんだけどな、と思っています。(さかい)

◆通夜は喪服でなくても良いのでは?

 知らせを受けて大慌てで参列した。だから、喪服の用意がなく、黒っぽい服装でも良い。昭和一桁生まれの母に習ったことです。会社関係の葬儀ならダークスーツに、男性なら黒ネクタイ、喪章などでもいいのではないかと思います。(ユーカリ)

◆喪服持っていたら、断る理由がなくなる

 本当に持っていないかどうかはわかりません。参列する気があるなら、親や姉妹などから借りてでも用意すると思う。面倒くさがっているだけの気がしないでもない。「喪服ないです」って言えば行かなくて済むんだもの。そういう人なのでは。(藁子)

◆まだ3年目なら

 身内や友達の親も健在で、家族葬も最近多いことから、葬儀に参列する機会が減っています。持っていない人も結構いる気がします。相手に気を使わせるから葬儀に出るのは遠慮する方が良い、と考える人が若い人を中心に多いようにも感じます。少なくとも「行かなければ」という意識はないのかも。時代の流れもあると思います。(ぼん)

◆仕事として必要な喪服でしたら会社で買ってほしい

 私も若い時、社会に出たらまず喪服をそろえるようにと言われました。でも本当はもっと別な服を買いたい、と思いましたよ。まして仕事で必要ならば、それを個人で買えというのはおかしいと思います。会社経費で払ってくれるのなら、喪服買いますよ、着ますよ。(55歳女性)

◆本人に聞くしか

 喪服を持たない理由は人それぞれではないでしょうか? それは本人に聞くのが確実でしょう。しかし理由を知ったところで、トピ主さんの状況は好転するのか? モヤモヤは払拭ふっしょくされるのか? やはり、上司に率直に、いつも自分ばかり葬儀に行くのは不公平だと申し出るのが良さそうですね。(式服)

用意する習慣薄れる

 西武池袋本店フォーマル売り場担当の細見哲郎さんの話 「以前は結婚などを機に20~30代で喪服を購入する人が多かったのですが、高齢化社会の進展や晩婚化を背景に用意しておく習慣が薄れ、40代で初めて買う人も増えています。ただ、喪服には気持ちを表現する役割もあり、心遣いを示すために、きちんとした装いは欠かせません。選ぶ時は『色は黒』『肌の露出が少ない』『体の線が出すぎない』ことなどを押さえてください」

無断転載禁止
888471 0 ピックアップ 2019/11/14 05:20:00 2019/11/14 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191108-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ