結婚記念日に花束 うれしくない

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]花束は要らない(愚痴)

 結婚記念日に夫から抱えるほど大きな花束をもらいました。正直うれしくないのです。水換えが面倒くさいのに、私以外はただの一度もやらない。私へのプレゼントだけど、花で癒やされるのは家族全員でしょう? 家事も仕事もフル稼働なので、手間を増やさないでほしい。好物のウナギやウニの方がはるかにうれしい。水換え中にバラのトゲが刺さり、イライラが爆発してしまいました。(結婚31年)

※トピは⇒こちら

[レス]夫の自己満足/喜んでほしいのでは/うらやましい/もらうことだけ?

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆すごく共感

 花をあげておけば喜ぶだろうってのが透けて見えますよね。長く連れ添えば、奥さんのツボは分かると思う。私は「何をもらったら喜ぶ人間か」を全力で押し出しているので、夫からもらうのはうれしい物ばかり。腹を割って話してみたら。私は花よりウニなんだって。(ヘムレン)

◆私も要らない派

 夫が誕生日に毎年贈ってくれる花束。「遠慮でなく、本当に要らない。気持ちだけいただくね」と言ったのに、今年も買ってきました。花束だって安くないはず。それなら名刺入れか、化粧ポーチが欲しかったよ。「そういうのがうれしい」と言っていたのに。本人の自己満足なのかな? 花束は水換えしました。花には罪はないものね。(ゆう)

◆分かるなあ

 私も同じです。どうせ生ものならということで、我が家では野菜のブーケにしてもらっています。実用的です。買い物する手間も省けるし、一石二鳥です。(juju)

◆ご主人は花を贈りたい

 トピ主さんのために花を選ぶのも楽しいし、喜んでもらいたいのでしょう。むげにするのはかわいそうとは思うのですが、手入れが面倒なのも理解できます。来年は花器とセットのフラワーアレンジメントにしてもらいませんか。お店と打ち合わせをしておけば選んだ花で作ってもらえますよ。(お花使い)

◆水換えもお願いしては?

 31回目も記念日を覚えていて、お花を買ってくれるなんて、すてきなご主人ですね。でも気付いていないんでしょう。私は「水換えもしてほしいな」って荒れた手を見せて伝えました。それ以来、夫もしてくれます。(みち)

◆そうなのですね!

 私は、切り花が一番うれしい派。部屋のどこかに花があると落ち着く。洋服や身の回りの物は自分の好みで買いたいし、食べ物はいつでも買える。切り花は、自分では思いっきり買うことができないからです。(おばさん)

◆お花、大好き。

 うらやましいです。お花が大好きなので、何かの時には花束をもらっていました。夫はもういないのですけど。思い出すのは、とても若い時。つまらないケンカの後、職場にいる夫から届きました。花束はどんなにお世話をしても、たいして持ちません。その時幸せになれるだけ。ただ、とてもうらやましくて、思わず書き込みました。(ポチ)

もらえるだけ幸せ

 結婚50年に手が届こうとする妻です。そんな大きな花束を一度でいいからもらいたい。プレゼントなるものをもらった記憶がありません。夫はお小遣い制ですので、そんなプレゼントを買う余裕がない?のでしょうね。(奈々)

◆気になる部分がある

 「結婚記念日」なのに、どうしてもらうことしか考えないのか。お互いに、とはならないのかな。2人で食事をしよう、ちょっと旅行に行こうという話なら、記念日の前に「今年はどうする?」ってなるはず。(匿名)

いい夫婦 対話と理解

 リクルートブライダル総研研究員の金井良子さんの話 「問題の本質は、贈り物が何かではなく、自分の価値観を理解してもらえていないことへの寂しさ、悲しさです。大切なのは『対話』。互いに相手を知ろう、自分を伝えようとする姿勢です。長く連れ添うと、話をしなくても理解し合っていると思いがちですが、夫婦関係もメンテナンスが必要になります。11月22日は『いい夫婦の日』。このタイミングで対話の機会を作ってみては」

無断転載禁止
909284 0 ピックアップ 2019/11/28 05:20:00 2019/11/28 05:20:00 11月19日付け、発言小町メーンイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191120-OYT8I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ