好条件だから結婚してあげた

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]全て打算で結婚しましたけど

 40代主婦。マイホームを買い、子どもにも恵まれ、家族円満です。夫との出会いは職場。連絡先を渡され、ブサイクだったので放置していました。その後、理系の総合職と知り、誠実そうなので、私からデートに誘い、プロポーズを引き出しました。適齢期に条件の良い人と結婚したかった。でも夫に対し「結婚してあげた」「本当の愛でなくかわいそう」という気持ちが交錯します。(sayuri)

※トピは⇒こちら

[レス]お互い納得であれば/夫に感謝して/大切なのは今

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆今が幸せならそれで良いのでは

 大恋愛で結婚しても、別れる時は別れます。離婚することもなく、円満にお過ごしなら、出会いの頃のことなど関係ないのでは? お互いに納得して結婚したのです。今幸せなら、良い結婚だと思います。今後も旦那さんを大事にしてあげてください。(幸)

◆そんなものです。

 一昔前は親が結婚相手を決めていた。結婚は、本人どころか親の打算の産物でしょう。それでみんな不幸になったかといえば、そうでもない。愛を育んで幸せな一生を送った夫婦もいると思います。夫婦は一緒に家庭を作り上げていくものです。最初はどんな動機であろうと、幸せを築いていけばよいのでは。(パフィン)

◆それを縁といいます。

 もしも彼に会っていなかったら、あなたは結婚していませんよ。世の中では、それを縁と申します。今がよければそれでよいかと。(世間様)

貴方あなたとわたしの違い

 私も打算で結婚しましたよ。そんな女性はたくさんいるでしょう。でも一緒に生活するうちに夫の性格を大好きになり、今では夫が私より先に亡くなることは考えられません。私を一番に考えてくれる生活で幸せです。そして夫も幸せなので、良いと思っています。(はなばなな)

◆嫌な嫁さんだな

 なぜそんなに、旦那さんを見下しているのでしょうか。自分の方が格上で、結婚してやったという言い草……。結局のところ、結婚が続いているのなら、あなたとちょうど良く釣り合った男性なのでは? もっと謙虚になり、釣り合った夫君に感謝して過ごしては。(ケイタ)

◆貴方のプライドの問題だけだよね

 「こんなブサイクな男が好きだったわけじゃない。もっとイケメンで高収入の男性と結婚できたはずだけど、出会いがなかったのよ」と思わなければやっていけないほど、自分のプライドが許さないんでしょうね。一体何と戦っているの? 結婚してあげたのは、むしろ旦那さんのほうではないのですか?(nana)

◆ご主人様と同じ立場

 まさしく私もモテないタイプ。男性から超人気があった妻が私を選んだ時はビックリしました。結婚して20年弱。その当時、妻が打算で私を選び、本当の愛はないと思っていたとしても気になりません。妻から本当の気持ちをいただきましたから。我が家が平和なのは妻のおかげですから。昔のことは「余計なこと」で、大切なのは今です。(toku)

◆結果オーライ

 お幸せで何よりです。でもトピ主さんが言うほど、旦那さんはブサイクではないのでは。人の評価を気にして、夫が人に羨ましがられるほどのイケメンではないことが恥ずかしいのかもしれません。センスのいい奥さんが服を選んであげたり、身だしなみに気を使ってあげたりすれば、年をとるほど見栄えは良くなりますよ。(ゴブリン)

居心地の良さ重要

 「ゼクシィ縁結び」の婚活アドバイザー・桜井まり恵さんの話 「当初の希望と、実際に結婚した相手の条件が異なるケースは珍しくありません。結婚相手を決める時は、自分にとって大切な条件を見極めながら、無意識のうちに合理的な選択をしているようです。結婚生活は長く続くもの。『自然体でいられて居心地が良い』と思えるかどうかはとても重要です。今そうなっているのなら、相手を見る目があったということでしょう」

無断転載禁止
927257 0 ピックアップ 2019/12/05 05:20:00 2019/12/05 05:20:00 (イラスト・山崎のぶこ) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191201-OYT8I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ