息子の志望校変えさせる?励ます?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]厳しい現実、子供にどこまで説明?

 高校3年、小学6年の子を持つ母です。先日、2人が模試で最低ランクの「E判定」を取り、夫が「志望校を変えるべきだ」と言い始めました。すると上の子が、志望校を下げると将来の年収がどうなるのかと聞いてきます。夫は「年収以前に、ある水準以上の大学を出ないと採用しない会社もある」と身も蓋もない答えです。現実を伝える方針なのですが、もっと励ます方がいいのでしょうか。(トピ主)

※トピは⇒こちら

[レス]あくまで親の見識/浪人させてあげたら/温かく見守って

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆出来れば

 親は自分の知っている世界でしか説明できません。「話す内容は自分たちの知っている世界」と付け加えて話すといいと思います。(うぃる)

◆この時期はもう静観すべき

 もうラストスパートの時期。親はごちゃごちゃ語らず、試験に向けて、最大限必死に勉強させるべきです。そうすれば、お子さんも自分で納得のいく結果が出せると思います。(去年受験生親)

◆5年ひとむかし

 これだけ変化のスピードが速い世の中なので、親の過去の経験は参考程度にしかならないと思います。本人が志望校を変えたくないのなら、浪人させてあげたらいいのでは。親に志望校を変えさせられたことを、子どもは一生引きずると思いますよ。(うさぎ)

◆E判定の巻き返しはありですよ

 現役生であれば、この時期にE判定を取っても、巻き返しは可能ですよ。この時期からでも現役生はぐんと伸びます。現実と向き合うことも大事ですが、まだまだ可能性はあります。一度、担任の先生と相談されては。(かいな)

◆親が余計な心配しない

 30年前に人気就職先だった業界の衰退を見たら、親が先取りして心配する必要はないでしょう。社会に出れば答えのない問題ばかりを解くことが求められ、受験勉強など何にも役に立たないと有名予備校講師がテレビで言っていました。(都民)

◆そんなことより

 親として話すことがある 親がすべきことは、子どもを信じていると伝えることだと思います。親も不安だと思いますが、一番不安なのは本人。温かく見守ってあげてほしいと思います。(おじさん)

◆気になる事

 大学が良い就職に直結するかのように思っておられるようです。お金を稼ぐのが目的ならすぐ就職してもいいのでは、なんて思ってしまいます。トピ主さんご夫婦が、大学で学ぶ意味や楽しさをお教えになればいいのになあと思います。(マヨネーズ)

◆視野を広げてあげてほしい

 希望の大学を出ても思い描く通りに進むとは限りません。それにお子さんはあと50年も働くので、確実に取り巻く環境は変わります。どういう境遇でも生き抜く力をつけることが一番大事だと説明してあげたらどうですか?(かみ)

◆学歴が通じるのは

 学歴が通じるのは20代まで。そこからは業績、実績が問われます。学歴しかアピールできないことがいかに危ないか。「何をしたいのか」という目線がないと本当にダメです。(おじょじょ)

◆年収だけで志望大学や就職を決めるのですか?

 お子さんは何を目的に勉強してきたのでしょう? 本来なら、何を勉強したいのか、どんな職業に就きたいのかを考え、学科や大学を決めるべきです。(チュン夫)

客観的なアドバイスを

 ベネッセ教育総合研究所主席研究員の木村治生さんの話 「将来を決めるのは本人。親はそれを支援するのが原則です。両親は責任を取れませんから。高校3年生なら友人や学校などで情報を得て、将来を考える力があるはずです。もちろん、まだ未熟で思い込みで決めてしまうこともあり、心配だと思います。大人の立場から客観的で冷静なアドバイスをすることが重要です。将来を見据え、親子で受験を乗り切る作戦を考えてください」

無断転載禁止
936604 0 ピックアップ 2019/12/12 05:20:00 2019/12/12 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191206-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ