もらう花束が私らしい色…杉上佐智枝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「濃い色のインナーに羽織るカーディガン」というタイトルで、ライチのようなレッドと青みがかったグリーンのニットに重ね着するとしたら何色があうのか――を尋ねるトピがありました。そのインナーの色選びからしてトピ主さんはおしゃれ上級者で、類は友を呼ぶ!? レスも高感度なアドバイスが並び、参考になりました。

 私なら、困ったらいつもライトグレーに頼るかなあ……などと、我が事に置き換えて考えられるトピ、楽しいですね。好きな色と似合う色は違う、とよく言いますが、皆さん自分に似合う色って、ご存じですか?

 色彩学などに詳しいわけではないのですが、私には、自分に似合う色ってもしかしてこれ?と気づいたきっかけがあります。それは、もらう花束の色。誕生日や番組の卒業時などに花束をいただいた時、ほとんど毎回、オレンジ・黄色系なのです。花の色は数あれど、示し合わせたように同じ色味ばかり。そのことに気づいた時、これが私らしい色なのかも?と認識しました。それ以来、コーディネートの差し色や小物選びには、橙(だいだい)・黄色系を選ぶことが多いです。

 今では、子どもたちが選んでくれる花も、見事に黄色系。子どもの目からも、イメージカラーの感覚というのは共通なのでしょうか。思えば、入社当時に女性の同期があと2人いたのですが、彼女たちがもらう花束は、1人はピンク系、もう1人は白系でした。なるほど、同期3人、見事に違うタイプを選ぶものだなあと、妙に納得した思い出もあります。

 皆さんがもらう花束は何色が多いですか? 贈り主が自分をイメージして選んでくれる花、その使ってくれた時間に思いをはせるだけでも、うれしく温かい気持ちになりますよね。 

杉上佐智枝(すぎうえ・さちえ)
 日本テレビアナウンサー。1978年、東京都生まれ。「キユーピー3分クッキング」土曜、「ミヤネ屋」ニュースコーナーなどを担当。2児の母、絵本専門士。
無断転載禁止
1030007 0 ピックアップ 2020/02/03 05:20:00 2020/02/03 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200131-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ