「感謝ない」妻が家事放棄

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]妻の行動について

 高校生の息子2人の父親。パートの妻が「私ばかりやるのはおかしい」と言い出して、家事をボイコットしました。仕方なく私と息子たちで家事をこなし、1か月ほどで普通の生活に戻りました。しかし息子が「家事をやらせてお母さんは何やっているの」と怒ります。妻は「感謝の言葉一つもなかった」と言いますが、私の深夜残業をねぎらったことはありません。離婚も視野に入れたくなります。(扇風機)

※トピは⇒こちら

[レス]ねぎらいましょう/今後は家族全員で/夫婦で話し合いを

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆突然ですか?

 私も似たような状況で、夫からねぎらいの言葉どころか、色々とキツイことも言われてきました。でも奥様のようにキレたことはないですね。突然とのことですが、何か予兆はなかったのですか? 奥様はよほどの覚悟だと思いますよ。(パート主婦)

奥様、ストレスがたまったのかな?

 子供が小さい時、夫の帰りが毎晩遅いため、私も怒っていました。でも、そのお給料で家族が生活できていたんですよね。みんなで海外旅行にでも行ってみたらいかがでしょうか? たとえ奥様がムカつく言葉を言っても、海外旅行で気持ちが変わることもあります。(ももちゃん)

◆息子もあり得ない

 日々の家事はやってもらって当たり前? 高校生なら親の無償の愛とやらは受けて当然ってところでしょうか。たかだか1か月のボイコットで怒る? 「お母さんがいないと大変だとわかった」といった言葉も、感謝も出てこない息子さんとご主人。即離婚でいいのではないですか。(秋)

◆笑った

 ごめんなさい。奥様が投げたブーメランがご自身に直撃しているみたいなので、思わず笑ってしまったんですが。ふたを開けてみたら簡単に家事をこなせるハイスペックな父子だったってことですね。でも、奥様は今まで女一人で孤軍奮闘してきたんですよ。そこはわかってあげて。わずか1か月で、いらない存在みたいに家族から言われるなんて悲しいですよ。(風来)

◆これからは分担制にすれば?

 少なくとも、ボイコットするまで家事は奥様がやっていたんでしょう? たった1か月やっただけで、そこまで偉そうにするんですか? 今まではともかく、これからは家事を分担制にすればいいじゃないですか。みんないい大人であって、誰かを悪者にする話じゃないと思うんですけどね。(フィヨルド)

◆お父さん、頑張ってよ

 和解しては? 「確かに家事に対して感謝の言葉はなかったけど、こちらの働きや深夜残業に対しても、君からねぎらいの言葉はなかったよね。相手に感謝の気持ちを示さなかったことをお互いに反省し、改善しよう」と。(まいこ)

子供を巻き込むな

 悪いのは、親2人。巻き込まれるお子さんがふびんです。感謝の言葉が足りないのはお互いさま。子供を味方につけて戦争なんてしないで。お子さんは将来、どういう家庭を築くのでしょうか? それが心配です。(ようこ)

◆別居をしては?

 奥様に別居を提案してみてはいかがですか。「離婚」という気持ちは理解できますが、いきなりの離婚は子供たちのこともあり、ハードルが高いと思いますから。まずは奥様に実家へ帰ってもらって、別居生活を選択するのもありではないでしょうか。そうして夫婦で冷静に話し合い、落としどころを探るしかないのかもしれません。それと、家事を手伝う息子さんたちのお小遣いを少しアップしてあげてほしいです。(案山子)

愛情表現見直して

 夫婦問題の講演などをしているコンサルタント一明源いちみょうげんさんの話 「奥様は大切に扱われていると感じることが少なかったのかもしれません。『感謝の言葉一つもなかった』という言葉や、家事放棄という行動に表れています。夫婦の形は子供が手を離れる時期になると変わります。トピ主さんご夫婦も、互いを見つめ直す機会と捉え、特に夫婦間の愛情表現に不足がなかったか、振り返ってください。離婚などの結論を出すのはそれからです」

無断転載・複製を禁じます
1030195 0 ピックアップ 2020/02/06 05:20:00 2020/02/06 05:20:00 1月28日付発言小町のイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200131-OYT8I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ