料理の一口交換が苦手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]「一口交換しよう!」

 「一口交換しよう」と言ってくる友人と、飲食店で料理を交換するのが苦手です。私がハンバーグ、友人はオムライスを注文した場合、私のハンバーグは友人に一口あげますが、オムライスはいらないので断ります。先日、友人に「冷たい」と言われ、どうやら「交換」が重要みたいだとわかりました。シェアが前提の注文なら抵抗ありませんが、勝手に「交換!」と言う気持ちがわかりません。(餅子)

※トピは⇒こちら

[レス]嫌だけど空気壊せず/仲良しの証し/拒否して続けよう

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆これを一口ハラスメントと命名します

 大の苦手です。けれど言えません。空気壊れますし。最近嫌だったのは、飲み物の「一口どうぞ」。ひとさまが口をつけた物なんぞ、飲みたくありません。やんわり断ったら、目をウルウルさせながら「どうして?」。仕方なくいただくと、相手は私の飲み物をじっと見ている。お返しを期待してるんだろな……。非常に迷惑。(ラグ)

◆私も嫌です

 夫の姉が必ず言います。「色々な味をちょっとずつ食べたい」そうです。私は交換にかかる時間や気遣い、お皿の見た目が悪くなるのが嫌。私が食べた一口が相手の食べた分より多かったかな、などとうわの空になる。食事の時くらい気疲れしたくない。(拒否派)

すごくわかります。

 「これ買う?」と聞くと「一口でいい」という答え方をする友人がいます。それって、私が買ったら一口あげないといけないの?と思い、ふに落ちません。基本的には「シェア(共有)はなし」と考えてほしいですね。(なな)

◆私は誰かと一緒に食事をする時は

 「うん、いいよー」と答えます。ショートケーキのイチゴのような部分をくれる人もいれば、ほんの少量だけよこす人も。「性格って出るね~(笑)」とそれすらも楽しみながら、素直に応じます。(猫好き)

◆交換=仲良し、なのでは

 小学生が遠足のお弁当のおかずを、蓋を開ける前から「交換しようね」と約束するようなものでは。交換が仲良しの証しなのでしょう。卵焼きと卵焼きを交換することさえ、うれしいのだと思います。交換の拒否は友人関係の拒否なのでしょうね。(ふら)

◆共感したいんでしょうね

 女性特有の共感の形では。「これ、おいしい。そっちのもおいしいね」みたいな。私も夫にやってしまいますが、お行儀悪いですよね。卑しくもみえます。友人が他で恥をかかないためにも、不快感を覚える人もいることを真剣に伝えてみては。(なんとも)

◆想像ですが

 一口というのは、本当に一口ですよね。友人には、もらうばかりでは悪いという気持ちがあるのでしょう。これからワイワイ楽しもうとしているのに、ちょっと盛り下がりません?(サウナ)

◆徹底して貫く

 私は「一口ちょうだい」のタイプ。お行儀が悪いのは自覚しています。トピ主さんは安心して拒否すればいいです。ただ、説教はタブーです。拒否されるうちに「お行儀が悪いかな」って私みたいに気づいてくれますよ。私は「一口ちょうだい」をやめないけどね!(ととんと)

◆レスします

 年下の男性に「一口ちょうだいババア」と言われてから控えています。シェアしたら2倍楽しめるという、ケチな考えの行為と反省しました。その男性は「ほしければ自分も買えばいい」という発想なのかなと思いました。(匿名)

率直に伝え風通しよく

 人間関係に関する著書の多い心理カウンセラー、石原加受子かずこさんの話 「現代人は、一人より、誰かと共に行動する方が安心する傾向が強いように思います。『一口交換』にも、同じ料理を食べることで一緒に過ごしている実感や、仲間意識を深める意味があるのでは。ただ、自分の意見を持つのは大切です。相手の申し出に応じるだけでは、一方的な関係になってしまう。率直に伝え、お互い自立した、風通しのよい関係を築きましょう」

無断転載禁止
1046311 0 ピックアップ 2020/02/13 05:20:00 2020/02/14 11:08:13 メーン記事「一口交換しよう!」のイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200210-OYT8I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ