おにぎり捨てられショック

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]捨てられたおにぎり

 結婚2年目の女性。夫は仕事で朝早く出かけます。朝ご飯は通勤中に食べられるおにぎりがいいとリクエストされ、毎朝作っていました。この間、夕食後にふと台所の三角コーナーを見ると、朝のおにぎりが! 夫は「食べられなかったからね」と言います。帰って食べるのは不衛生だと思いますが、見える場所に捨てないで。地味にショックです。なんかもう作る気が起きないなあ。(mgmggr)

※トピは⇒こちら

[レス]食べられなくて…/そのように育った/なぜ夫に言わないの?

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆それは私もショック

 作った食べ物がそのまま捨てられている光景は、おにぎり一つとはいえ胸が痛みます。私も高校の修学旅行の時、母が持たせてくれたおにぎりを夜になってもう食べられないと一つ捨てたのですが、申し訳なくて。謝りながら袋に入れ、捨てたことを20年以上たった今も覚えています。(アップルパイ)

◆実家の習慣

 彼はきっと実家で、母親に「食べられなかった~」と言うと、母親も「三角コーナーに捨ててね」と答えていた。こういうことは実家での習慣なのです。もしうるさく言う母親の元で育ったのなら、「ごめんね」と言うのが習慣になっていたでしょう。あなたが言わないと分からないですよ。(neko)

◆どうかなあ

 トピ主さんの気持ちもわかるのですが、いい方向に考えてみてはいかがでしょう? 食べ物を捨てるのは、傷んでいるものであっても、やはり少し罪悪感のような嫌な気持ちがするものですよね。その嫌な部分を受け持ってくれたと考えてみてはどうでしょうか。(さくら)

◆気持ちは伝える

 なんでその気持ちを夫に言わないの? 捨てられていて悲しかった、せっかく作ったんだから一言ほしかった、と言えば、後を引くことはなかったのでは? 小さいことでも言葉にして伝えるって大事。言っても、もし冷たい言葉が返ってくるなら、夫はそういう人です。(あーらら)

◆コンビニおにぎりだったら?

 もし「朝食用に」とコンビニで調達したおにぎりだったら、トピ主はどう感じたのでしょうかね? 「私がわざわざ買ったおにぎりを捨てるなんて」と思うのか。手作りのおにぎりだから傷ついたのか。いずれにしても、もう少しコミュニケーションが丁寧であれば、問題は発生していなかったようにも思えます。(ゴータム)

◆前日にどうするか聞いてみては?

 基本的に食べ物を粗末にするのはありえないと思うので、翌日が忙しいかどうか、前日に聞いてから用意することにしては? ちなみに私の父親は仕事が忙しすぎて休憩できず、母の作ったおにぎりを持ち帰って食べて、食中毒で入院しました。(悲しいですが)

◆おにぎりはイメージが不衛生

 最近は人が握ったおにぎりは気持ち悪いという感覚の人が増えているそうですよ。もしかして、そういう感覚の持ち主かも。おにぎりシートで包めば、不衛生な感じも半減するかもしれません。(三毛猫)

◆気持ちは分かるが

 なぜ食べられなかったのか。いつも通りの時間に出かけたのなら、時間がないということではないでしょう。胃腸の調子が悪かった? 風邪をひいて熱っぽかった? 三角コーナーに廃棄したことについては意見しましょう。でも、「大丈夫? 調子悪いんじゃないの?」という気遣いもしましょうね。(ICHICO)

袋に入れ衛生と配慮

 宇都宮短期大学教授(食品衛生学)の上田成子さんの話 「見えるように捨てるのはひどいですね。さらに、三角コーナーにおにぎりをそのまま捨てるのは、衛生上も好ましくありません。ポリ袋などに入れて、口をしっかり縛りましょう。中が見えにくい袋にすれば、妻への配慮にもなるのでは。なお、素手で握らずに調理用手袋やラップを使ったり、刻んだ梅をご飯に混ぜたりすると、おにぎりの保存性が向上するのでおすすめです」

無断転載禁止
1091143 0 ピックアップ 2020/03/12 05:20:00 2020/03/12 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200306-OYT8I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ