65歳母 絵文字だらけのブログ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]親のブログにショックを受けました

 母がこっそりブログを書いていました。日々のことを書いただけの日記帳のようなものです。しっかり者で頭が良く、誰にでも礼儀正しい母はお堅い感じの人間です。なのに、ブログは絵文字がてんこ盛り。ハートを10個くらい並べたり、小さい「ゎ」とか「でもでも。。。」とか書いたり。「実は借金があるの」と言われる方がマシなくらいの衝撃を受けてしまいました。なお母は65歳。キツイです。(ちぃ)

※トピは⇒こちら

[レス]見る目変わるかも/感性が若い/固いこと言わないで

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆自分だったらキツイ

 私の母も65歳ですが、同じことをしたらと思うとショックですね。見る目が変わるかも。この年でこんな文章を書く人いるらしいよ――と言って、反応を見るくらいはしちゃうと思う。とてもじゃないけど割り切れない。(らん)

◆気持ち分かります

 母の違う一面が自分の嫌いなタイプだった場合、私もトピ主さんみたいに衝撃を受けるんだろうな。トピ主さんのお母様は、そういうキャラをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で発散しているのなら良いのでは、と思います。(ハレルヤ)

◆逆にすごい

 いくつの親御さんかなと思ったら65歳! その年齢で、小さい「ゎ」を使うとか、むしろすごいですよ。どこで覚えたんでしょうね。結構ネットがお好きで、いろんなサイトを楽しんでいるのでしょうね。感性がお若い。(やす)

◆あこがれなのかも!

 気持ちだけは若いまま、ブログをやっているのでは? 少女の気持ちで年齢を忘れ、楽しんでいるのだと思います。今はパソコンやスマホがあるのは普通になっていますが、お母さんの若い頃はなかったわけですし。(春風)

うちの母は

 うちの母は80歳になってからスマホに替え、友人やいとこと拙いLINE(無料通信アプリ)でやりとりをしています。絵文字も頻繁に使っていて、何だか若々しい印象です。お母様も楽しくて仕方ないのでは? 大真面目に硬い文章でブログをやっても、人はついてこないですし。まあ、趣味なんですから、そう固いこと言わないで。(まみー)

◆素直に言ってみてはどうですか?

 私もお母様と同じくらいの年齢です。10年くらい前にパソコンでチャットを始めた頃、お相手は若い方ばかりでしたので、彼らに合わせて顔文字を多用してました。ネットでは普通なのだ、と勝手に思い込んでいたのです。トピ主のお母様も何かをまねているのでは。トピ主のおすすめの書き方を有名人のブログの例でも挙げながら教えてあげてください。(アラカン主婦)

◆変身願望と言うか

 教養も学識もある人間ほど、人生を堅苦しく感じて、もっと自由な別の人生を送りたいと考えるものです。著名人がお忍びで何かをする、というのに似ています。今のネット環境ならそれを実現できます。息抜きにはいいのではないでしょうか。(バジル)

◆多分、時間が解決する

 ブログの内容から自分が嫌いなタイプの人格を感じ、その後にそれを書いたのが自分の親だと知れば、ショックを受けるでしょう。でも、ブログの内容=真実、ではありません。お母さんがちょっとはっちゃけたとしても、それはお母さんのほんの一部。時間とともにショックも薄れて、気にならなくなると思いますよ。(呂畑)

◆固定観念を持たず、柔軟に

 これはお母様と話すいいチャンスかもしれませんよ。「お母さんのブログ見たよ。すごく文章が軽やかで面白かったよ」と伝えてみます。お母さんも「私のブログ見たの? びっくりしたでしょ! 気分が若返った感じ」って会話が弾むかもしれません。ショックを受けるのではなく「よかったよ」と伝え、新たなステージでの会話をしてみましょう。ファイト! (母世代ブログあり)

幅広く交流する戦略?

 博報堂「新大人研」所長の安並まりやさんの話 「ブログのほか、フェイスブックなどのSNSを使いこなす60代はたくさんいます。この世代は親の介護など多忙な人が多い。ネットの仮想世界をしがらみから解き放たれた場所として楽しんでいる面もあるようです。ネットなら60代でも20代と身構えずに会話できる。もしかしたらお母さんは幅広い世代の人との会話を盛り上げるために、小さい『ゎ』などを戦略的に使っているのかも。そんな見方をしてみると、お母さんを見直す気持ちになれるのかもしれません」

無断転載禁止
1154208 0 ピックアップ 2020/04/16 05:20:00 2020/04/16 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200408-OYT8I50014-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ