老後の面倒 甥姪は迷惑?…大久保佳代子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「老後の面倒をみてほしい」と言ってくる叔母に迷惑しているというトピを見つけました。叔母は海外でバリバリ仕事をしてきた72歳のおひとり様。今後は日本へ戻り、トピ主である(めい)っ子さんの世話になりたいと。そのためなのか、これまでに姪っ子さんへ結構な金銭的援助を。

 私も老後、おひとり様の可能性大。やはり(おい)姪には、多かれ少なかれ面倒をみてもらうことになるだろうと勝手に思っていたので「マジ? 迷惑なの?」とドキッとしました。私も甥の学費を一部出したこともあるし、姪にもお小遣いは惜しみなくあげています。

 「面倒をみてもらう」という下の立場でありながら言わせてもらいますが、今後、間違いなく高齢化社会です。少ない若者が多くの高齢者の面倒をみなければなりません。ならば叔母と同居し、面倒をみるという状況をポジティブに考えてみましょうよ。まず、金銭的余裕はありそうなのでその点では迷惑をかけないだろうし、親戚とはいえ他人が入ることで緊張感が生まれ、倦怠(けんたい)期の夫婦であれば関係が改善するかもしれない。ウィンウィン状態になる可能性ありです。私たちは親族にみとられない「孤独死」が怖いんです。

 でも以前にテリー伊藤さんにこの話をした時、こっぴどく怒られました。「今まで、好き勝手に自由に生きてきて孤独死が怖いなんてずうずうしいんだよ! 孤独死を受け入れる覚悟をもて!」と。確かにその通り。姪っ子の状況なんて全く考えず、勝手にあげた「お金」を恩着せがましく振りかざし自分の都合ばかりを主張。長らく自由奔放に生きてきた傲慢(ごうまん)さ丸出しで恥ずかしい限りです。

 同居とはいいません、施設へ入る際の手続き等を手伝ってもらえたらありがたいくらいの謙虚さを持ちたいものです。 

大久保佳代子(おおくぼ・かよこ)
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの光浦靖子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組やドラマなどに多数出演。主な著書に「美女のたしなみ」(徳間書店)など。
無断転載・複製を禁じます
1169878 0 ピックアップ 2020/04/20 05:20:00 2020/04/20 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200416-OYT8I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ