トマトのうま味が癒やし …杉上佐智枝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「使うたびに幸せを感じるもの」というトピ。長引く巣ごもり生活……少しでも幸せを見つけたい、そう願う日々が続いていますね。レスを見ると、ハンドクリームやボディソープといった、香りを楽しむものが多いようです。脳に直接、最も早く作用するのは嗅覚だそうで、ストレスがたまった時、香りに救われた経験は私にもあります。

 さて、「使うたびに幸せを感じるもの」は、最近の私の場合、「トマト」。担当している「キユーピー3分クッキング」でトマトを具材にした鍋を教わって以来、もう病みつき。

 私は加熱したトマトの食感が苦手だったのですが、いつもの鍋に、ザクザク切ったトマトを具として加えて煮込むだけ。家族4人分で、2個ほど使います。目が覚めるくらいスープがおいしくて、薬味をたっぷり入れて食べるのが好きな私も夫も、トマト入り鍋のときは一切薬味なし。うま味あふれるスープをいつも飲み干してしまって、締めにたどり着かないのが悩みなくらいです。体から、幸せなため息が放たれるような、初めての感覚……このうま味って、癒やしだな、と思ったのです。

 それ以来、トマトを「箱買い」して、ラーメンにも、みそ汁にも、あらゆる汁物にトマトを投入。しかし、トマトのすごさはこれだけではありません。ドライトマトのうま味もまた格別! ぬるめのお湯に浸してしばらく置いたもどし汁に、少し塩を加えるだけで絶品のスープに! ご飯を作りながら、次のご飯のことを考えている日々。リーズナブルで、手に入れやすく、栄養価の高いトマトのすごさを再発見できたことは、せめてもの幸せです。おいしく食べて免疫力を上げて、少しでも潤いと喜びを探して、過ごしていきましょう! 

杉上佐智枝(すぎうえ・さちえ)
 日本テレビアナウンサー。1978年、東京都生まれ。「キユーピー3分クッキング」土曜、「ミヤネ屋」ニュースコーナーなどを担当。2児の母、絵本専門士。
無断転載・複製を禁じます
1185050 0 ピックアップ 2020/04/27 05:20:00 2020/04/27 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYT8I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ