職場の夫 お出迎えする義母

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]家まで送ってもらう旦那

 旦那が転職し、自転車で通勤していますが、2日に1回ほど、帰りに義母が車で迎えに行きます。義母の家は旦那の職場から遠く、わが家からも40分は離れています。わが家は共働きなので、旦那が帰ったら急いで夕飯の準備をし、帰宅が遅いなら先に入浴したい。だから「帰宅時間を教えて」と何度も言っているのに、連絡なしに義母と帰ってきます。子離れも親離れもできていないようで不安です。これが普通なのでしょうか? (雪こんこん)

※トピは⇒こちら

[レス]嫁に存在感示したい/連絡するわけない/自分の生活リズムで

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆いや、普通じゃないです(笑)

 義母の行動はおかしいし、それに甘える夫もおかしいですよ。息子の帰宅時間になると職場まで迎えに行って、お宅まで運び、また自分の家まで帰るって、相当な強い意志がないとできることではありません。これは、一言でいうと、「義母の存在感」を嫁であるトピ主に見せつけているんだろうと思います。(ガロ)

◆なぜ必要なのか? 問題点が多すぎる

 乗っていった自転車はどこに置いてあるのでしょうか? なぜ義母は職場までお迎えに行くことになったのでしょうか? 私には、義母のお迎えは「なし」です。嫌だなって思います。でも、どうしても、と言われれば、離婚とまでは思いませんが、モヤモヤしたままは嫌なので、どこかで気持ちの踏ん切りをつけますね。(おばはん)

◆ないこともないと思いますが

 義母には体力も時間もあるのでしょう。雨の日の自転車も大変だろうし、ついついって感じなんでしょうね。旦那さんには「帰ってからの段取りがあるから連絡入れてね」とお願いすれば、LINEなどで連絡してくれるんじゃないでしょうか。ただ、トピ主さんの「母親に送ってもらうなんて……」という否定的な考えが見て取れるので、連絡しにくいのでは?(ほぼ専業主婦)

◆「連絡をくれればよいだけの話」

 ……じゃないから、連絡をしないのだと思います。息子が自転車で通勤するようになったのなら、車でお迎えしようと考えるのは母親として当然ですよ。だって、共働きでトピ主さんはできないのでしょう? 当たり前すぎる義母の行動を「甘すぎる」「子離れ親離れできていない」と非難しているのだから、ご主人が帰宅時間を連絡するわけがないですよ。(花疲れ)

◆転職先の通勤に関する決まりは大丈夫かな

 通勤中に事故や災害に遭った際、会社への届け出と違う通勤をしていると面倒ですよ。会社から通勤手当をもらっているなら、これも面倒なことになりますよね。義母よりも、旦那様が社会人としてどう自覚し、考えているのか全くわかりません。義母はまあ、暇なんでしょう。万が一、事故を起こしたときに大変かもしれませんが。(四槓子)

◆トピ主さんは迎えに行けないの?

 お迎えの必要がないのに、夜間に相当な距離を運転する義母の体力と気力には驚きます。そこまでして関わりたい義母と息子の間に入るのは難しいと思います。でも、いずれ義母も運転に疲れる日がきます。今は夫婦げんかでストレスをためるより、黙認して過ごす方が得策だと思います。(草餅)

◆見ない、聞かない、言わない

 夕飯の準備にカエルコールがあれば助かりますが、夫婦げんかは回避したいですよね。共働きなのですから、トピ主さんは自分の生活リズムで家事をこなす。たとえ入浴中に夫が帰宅しても、迎えに出ずに「お帰りなさい」で済ませる。夫の帰宅が遅いなら、自分のために時間を使ってください。(あんまん)

◆結婚生活に正しさを求めない

 義母は思うところがあってお迎えをやっているのではないですか。車の中で息子と話すのが癒やしなのかも。共働き世帯に夕食の時間は大事だとは思いますが、カエルコールにこだわって夫婦関係が悪くなるなんて本末転倒では? 平日の夜はトピ主さんの好きなように使って、休日は夫婦で過ごされるのが一番いいと思います。(40代女性)

夫婦でルール決める

 関東学院大学准教授(家族社会学)の井田瑞江さんの話 「義母は、転職というライフイベントを乗り越えた息子が心配で、何かせずにいられないのでは? でも、義母の件は一度脇に置き、夫婦の生活リズムを話し合いましょう。『夕食は夫婦で食べる』など、わが家ではこれだけは外せないということを考え、その実現のために『夕食は午後8時。それより帰宅が遅くなるなら連絡をする』などとルールを決めるといいですね。義母のお迎えはしばらく様子を見て、その間に夫婦の関係を築くことをお勧めします」

無断転載禁止
1201314 0 ピックアップ 2020/05/07 05:20:00 2020/05/07 05:20:00 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200503-OYT8I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ