子ども膝にスカイプ会議、あり?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]子どもを膝に乗せてスカイプ会議

 新型コロナウイルスのために在宅勤務中です。時々、幼い子どもを膝の上に乗せてスカイプ会議に参加する人がいます。参加者の1人が「かわいいですね」と言ったら、毎回子どもが膝の上に登場するようになりました。これは「あり」でしょうか? 私には「なし」です。在宅勤務は、働く場所を家に移しただけ。子どももペットも映らないようにしていただきたいです。これは時代にそぐわない考え方でしょうか?(バーディ)

※トピは⇒こちら

[レス]私は気にならない/言わないとやめない/子どもの話はNG

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆騒がないのであればオッケー

 そのお子さんは、うるさくて会議を妨害しているのでしょうか? もしそうでないなら、私は気になりません。未就学児の場合は、親がスカイプ会議をしている時に「別の部屋にいて」「邪魔しないでね」と言ったとしても理解は難しい。後ろで子どもが騒ぎ出さないかと不安になりながら会議に参加するより、膝に座っておとなしくしてくれているほうが、会議に集中できると思います。(桑路)

◆映るだけなら許容範囲

 その子どもにしゃべらせるようならよくないですが、映り込むくらいなら全然かまいません。それぞれの家庭の事情があるだろうし、こんな時期なので。映り込む「だけ」なら、目くじら立てずにスルーでよくないですか?(ビネガー)

◆子どもも限界

 子どもはもう1か月以上も、ろくに外遊びができずに耐えています。珍しいスカイプ会議に興味を持つのは当然です。部屋の作りや部屋数によっては、子どもも映り込むし、泣き声や笑い声も入り込むでしょう。(転勤妻)

◆無しに決まってる

 こういうタイプの人は、ストップをかけないといつまでもやる。ただし、6畳一間の部屋に住む独身の背後に、ちらっと猫などが映ってしまうのはアリです。わざわざ膝乗せしなければ。(罰金ガム宮殿)

◆なし ですわ

 その人は、我が子をお披露目したいんですね。かわいいわが子自慢です。とんだ勘違いさんですよ。「お仕事だから静かにしていてね」と言い聞かせて、膝に乗せたりせずに画面に映さないのがマナーでは? 仕事で会議に参加している皆さんに失礼です。(橙)

◆上司に相談してルールづくりを。

 子どもが多少背後に映り込んだり、声が入ったりしてしまう程度は仕方がないかもしれません。しかし、子どものことを話題にするのはおかしいです。「会議中に家族やプライベートなことを持ち込むのはNG」と、ルールを明確にしてはいかがですか。(めめ)

◆支障が出るならやめてほしいが、どうしても仕方ないなら仕方ない

 私も以前は同じように思っていたのですが、最近は「もう仕方ないかもなー」と思うようになりました。仕事に支障が出なかったり、どうしても仕方がなかったりするのならOKと思います。その子を他の部屋に移した時に、余計に騒いで仕事にならないなどの事情があるようなら、大目に見てあげてほしい気もします。(さわら)

◆善処する姿勢が見られるかどうかかな

 自宅でのスカイプ会議で子どもが映り込んでしまうのは、その人に「善処しようとする姿勢」が見られれば「あり」だと思いますよ。「すみません」とか「ちょっと今仕事中だからね」とか、何らかのアクションや気遣いがあれば、周りも「ああ、大丈夫ですよ」となるでしょう。(カップ)

ルール作り提言しては

 働く女性を支援するキャリアコンサルタント、中村彩子さんの話「トピ主さんは社会人として責任感の強い方とお見受けしました。業務をスムーズに進めるためには、職場の人間関係はとても大切で、同僚への気づかいも仕事の一つです。一方、今は緊急事態のため、家庭や住宅の事情で、やむを得ず家族やペットのそばで仕事をしている方も大勢います。まずは、上司や担当部署に、在宅勤務のルール作りを提言されてはいかがでしょうか。お互いのストレスをできる限り減らしながら仕事を進めることは可能です」

無断転載禁止
1206607 0 ピックアップ 2020/05/14 05:20:00 2020/05/14 05:20:00 5月1日付発言小町のイラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200507-OYT8I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ