初めて老いを感じたとき…光浦靖子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回のトピは40代後半の女性から。特に太ったわけでもなく、シミができたわけでもない。でも3、4年前から、写真に写る自分を見て「私ってこんなだったっけ?」と思ってしまう、と。「皆さんは何歳ぐらいから老いを感じましたか?」と。それ、すごくわかる!!

 私の場合、47歳の誕生日会、その動画を見たときでした。気のおけない女友達だけなので、すっぴん。お酒を飲んで顔は真っ赤っか。緊張感はゼロ。真ん中でろうそくをふーっとしているのは……これが私?? 驚きました。目が小さい。小さいというかショボショボしてる。ショボショボしてるから、非常に疲れて見える。息をふーってやるから口元にシワが、そこに従来の姿勢の悪さ、猫背が加わると……まるで仏壇に向かって「じいさん、今の日本はそれはもう大変ですよぉ」とため息をついているおばあちゃんだ。

 一応、芸能人なので、同級生よりは若いと思ってました。気持ちなんて26歳で止まってますから、いまだに洋服屋で「これは大人っぽすぎるよぉ」なんて平気でのたまってました。テレビに映る自分てのは、プロの作った明かりで顔にできる影を飛ばしに飛ばしたものであって、きゃーー!! 飲み屋の薄暗い明かりは、こんな風にシワとたるみを如実に浮き立たせていたのか。

 テレビ局に入るとき、よく警備員に不審者扱いされるなぁ、スタッフや共演者に無視されるなぁ、とは思ってたんです。合点がいったぜ。みんなが思うより、私が老けてたんだ! 謎が解けたぜっ!……と喜んでる場合じゃない!

 それ以来、緊張感を持つようにしたんですけどね。緊張は字のごとく、やっぱピーンとするものでしょう? でも、今、ずっと家にいますでしょう……ねえ。

光浦靖子(みつうら・やすこ)
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。
無断転載・複製を禁じます
1234792 0 ピックアップ 2020/05/25 05:20:00 2020/05/25 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200522-OYT8I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ