出会いアプリ 彼の裏切り…犬山紙子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「彼氏がマッチングアプリで連絡しているのは彼女です」というトピを見つけ、ものすごい勢いでクリックしてしまいました。

 マッチングアプリで出会い、結婚前提でお付き合いしている彼氏は、「アプリは退会した」「安心して」「他の男性と食事に行かないで」と言いながら、検索すると全然マッチングアプリ現役だった。トピ主さんが彼氏のページに足跡を残すと、それが自分の彼女(トピ主)と気づかず誘いのメッセージをよこした、という地獄のような話です。

 検索したのは2度目の自宅デートで怪しいと思ったからだそう。トイレの時も携帯を持ち歩いたり、携帯をテーブルに裏返しにしたりしていたのでしょうか。

 この地獄、「マッチングアプリあるある」ですね。私も似たような話を友人から聞きましたし、「私も同じような目にあいました!」というコメントも複数。

 こういう男性は心は未熟なまま、性欲と横暴さだけが育ってしまったんでしょう。自分は遊びたいけど、それを言うと振り向いてもらえないから(うそ)をつく、相手には自分だけを見ていてほしいから束縛する、ちょっと調べたらすぐバレる嘘をつく。要約すると「わがまま放題の俺を許してくれる都合のいいママが欲しい」ということでしょう。

 こんな経験をすると自尊心が傷つきますよね。自分の価値が低いんじゃないか、自分がバカだったんじゃないか、検索した自分も同罪じゃないか……。どうかそんなふうに思わず「こんなやつに自尊心は傷つけられない!」と堂々としてください。彼に費やした時間や気持ちはこれまで生きて積み重ねた中のほんの一部。誰しも人にだまされることはありますし、あなたの価値がそれで下がるなんてことは絶対ないのです。

犬山紙子(いぬやま・かみこ)
 エッセイスト、タレント。1981年、大阪府生まれ。2011年、ブログをまとめた著書「負け美女」でデビュー。雑誌やテレビなどで活躍中。17年1月に長女を出産した。
無断転載・複製を禁じます
1271337 0 ピックアップ 2020/06/15 05:20:00 2020/06/15 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/06/20200611-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ