アピール上手の新人が苦手

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]就活で採用されがちな「元気な子」が嫌い

 一部上場の人気企業に勤める30代女性です。新人の多くが似たタイプで苦手です。アピール上手&元気印がウリなのか、とにかく耳障りで、「もっと静かに考えたらどうかね?」と言いたいです。接点が多くないのに「先輩、ごはん食べに連れて行ってください!!」を、なれなれしいとかずうずうしいと思ってはダメでしょうか? わが子も、こんな無駄にアピールする圧の強いタイプに育てないといけないのかと悩んでいます。(根暗チャン)

※トピは⇒こちら

[レス]地味でも堅実がいい/職場になじむ努力/会社で必要な能力

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

賛成です

 私はトピ主さんと同じ考えです。いかにも「私、デキるんです」アピールのうまい子は苦手。それよりも、地味でも堅実な仕事ができそうな子を雇いたいですね。でも、面接の一発勝負の時って、いかにもハキハキして積極的でアピールのうまい子が、悲しいかな優位ではありますね。(会議室)

◆よくわかります

 在米です。日本でもそうなってきたのですね。こちらでは、若い時は、とにかく口が立つ、アピールの強い子が選ばれます。じっくり考えて話す人は取り残されます。ある程度の地位になると、じっくり型も地力を見せられるのですが、出だしで大損です。散々うんざりさせられたので、新人を採用する時にはとても気をつけています。(なつみかん)

◆わかりやすい

 トピ主さんの会社にいる新人さんは、見方を変えれば、意思表示がハッキリしていてわかりやすいということ。新人さん側にしてみれば、職場の先輩方に少しでも早くなじもうと、必死に会話をしているのだと思います。職場に慣れてくれば、際立ったアピールも元気も落ち着いてくるでしょう。(ところてん)

◆十人十色

 ハッキリしない新人は指導していて疲れるので、私ははきはきした新人の方が好感を持てます。「ごはん食べに連れて行ってください」というのも、早くなじもうという努力に思えて、かわいいものだととらえました。(はな)

◆会社で生き残るのもそういうタイプ

 主人が体育会系(?)の大企業に勤めています。新婚時代、男女問わず同僚がよく遊びに来ていました。お嬢様タイプの人は「また遊びに来ていいですか?」とおっしゃっていたのですが、半年後、メンタルやられて会社を辞めてしまいました。芸術家タイプの男性も、何年か後に病気になってしまい……。片や、元気タイプは、バリバリ働いて10年後に寿退社とか、出世している人が多いです。競争が激しく、激務の企業でやっていけるのは、ある意味「ずうずうしく圧が強く、メンタルが強いタイプ」ってことなんでしょう。(レイ)

◆「元気な子」じゃないと採用されないから

 大学生の母です。うちの娘は、とても真面目で努力家です。ぱっと見は地味でおとなしい感じ。ただ、「元気で自分をアピールできる子」じゃないと就活では不利なんです。これからの社会はもっともっと、自分をアピールする力、プレゼン能力が重要となってきます。ぜひ、お子さんはそのように育ててあげてください。(大学生の母)

◆好き嫌いの話をされても…

 好き嫌いの話をされても、「そうですか」としか言いようがない。ただ、それがなんで「わが子も、こんな無駄にアピールする圧の強いタイプに育てないといけないのか?」という話になるのか。いち企業の採用傾向と、あなたの家庭に何の関係があるのだろう。両者はまったくかけ離れたことで、それこそあなたのお好きに育てればいいのでは。(うどん)

◆元々の子どもの性質を認めて伸ばしてあげるだけ

 トピ主さんのお子さんにはお子さんの適性があるので、良いところを親として伸ばしてあげるだけでよいのではないですか? 元々の性格を無理に矯正しなくても。お子さんは自分に合う会社に進めばよいだけです。

(かなかな)

違うタイプ補い合って

 キャリアコンサルタント、大沼恵さんの話 「苦手なものは誰にでもあるので、それを無理に否定する必要はありません。自分のなかで、新人さんが苦手だと率直に認めると気持ちが楽になります。ただ、トピ主さんのように静かに見守る方も、新人さんのように元気なタイプの方も、それぞれよいところがあり、社内で補い合っていけると思います。また、『就職先は大企業でなければならない』という思い込みはありませんか? このような思い込みをなくせば、子育てに悩むこともなくなりますよ」

無断転載・複製を禁じます
1318001 0 ピックアップ 2020/07/09 05:20:00 2020/07/09 05:20:00 5月26日付発言小町イラスト https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200703-OYT8I50056-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ