収入多い妻が家事育児負担

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]妻より給料が低いのに家事をしない夫

 アラフォー夫婦で、妻の私は第2子妊娠中です。夫の給料は私の7割弱ですが、家事育児の8~9割は私の負担。夫は激務で、平日は全く家事育児ができず、土日も部屋に閉じこもって持ち帰った仕事をしています。第2子の育児も期待できず、この先を考えると不安です。夫のほうが学歴が高く、頭もいいので尊敬していますが、家事育児をしない夫に「どうして私ばかり」「夫のほうが給料が安いのに」と思ってしまいます。(ぜんざい)

※トピは⇒こちら

[レス]収入で決めないで/夫と話し合いを/外注などで負担減

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆男と女の立場が逆で考えて

 世間に多いパターンですが、男性が女性より稼いでいる場合を考えてくださいね。あなたの基準でいくと、ほとんどの女性はパートナーに家事の分担をしてもらえないことになります。稼ぎを盾に、「自分の方が稼いでいるんだからもっと家事をしろ」と言うのは、モラハラに近いですよ? 家に持ち帰ってまで仕事をしている旦那さんに、もっと家事をしろって思うんですか? 家事は、時間があるほうが多くするべきだと思います。何だか、パートナーに全く思いやりを感じない。(カフェモカ)

◆なんで第2子をつくったのか不思議

 不思議なのは、収入の割合を家事分担の割合に当てはめようとすることです。家事というのは基本、時間がある方がやるしかないものと思います。トピ主夫妻の場合、時間的に夫の方に余裕がないというのであれば、家事を多くやってもらうのは無理でしょう。不満なら、子どもをつくる前に話し合っておくべきでした。(冬を待つ季節)

◆レスします

 家事が楽になればいいだけなら外注で解決できますが、本当の不満が「家事から逃げる夫の態度」にあるなら、別れるか我慢するかのどちらかでしょうね。話し合いはされましたか? 今のまま黙っていたら、きっと一生このままでしょう。(あさり)

◆激務からの転職

 そんなに学歴もよくて頭もいいご主人なら、激務ではない職場に転職できないのでしょうか。ご主人のお体も心配ではないですか? 家事を分担したくても、そんな時間も捻出できないほどの激務なのでしょう。お給料格差の話はとりあえず脇に置いて、このままの状態での第2子出産はとても不安だと伝え、もう少し家事育児の分担ができるような働き方にできないのか、お願いしてみるしかないと思います。(チリンチリン)

◆私の場合、

 離婚してしまいました。だって、1人の方が断然楽だし節約できるんだもの。そもそも、同じように働いているのに家事をしないって、思いやりがないってことだと思います。いない方が体も心もお金も楽になると一度思ったら、もうその思いを打ち消すことができなくて。こっちが休みなくあくせく動いているのに、横目で見て楽している時点で愛情なんてなくなったし。(ベリーベリー)

◆絶対に言ってはいけない言葉の一つ

 妻より給料が低いのに家事をしない夫――。これって、立場を変えると、「誰のおかげで飯が食えてると思ってるんだ」というパワハラ旦那の典型的なセリフですよね。今あなたは限界を迎えそうになっているけど、旦那さんにどう行動してもらえばいいのかという案はないんですよね。それなら、家事を機械化、外注化しましょう。洗濯は全自動で乾燥まで、おしゃれ着は宅配のクリーニング、掃除も定期的に外注する。旦那さんをどうにかするより簡単ですよ。あとはあなたが割り切れるかどうかです。(もうすぐアラカン)

◆この家に暮らしてるひと全員参加で!

 家事分担する上で、給料の高い安いは関係ない、家事は子どもも含め、家族全員でするもの。そう思ってますが、私がおかしいのかな。だって、こちらが給料の安い高いを言えば、向こうは仕事量の多い少ないで対抗してくるかもしれないし、どっちが忙しいとか責任が重いとか議論しても不毛な気がする……。有無を言わさず分担ですよ。理由はこの家に暮らしているから!(まいまい)

共働きは夫婦で分担を

 大正大学准教授(社会学)の田中俊之さんの話 「家族社会学に『夫婦のうち、収入が多い方ほど家事をしない』という仮説があります。この仮説は、妻より収入が多い夫が家事をしない理由になると考えられてきました。ただ、トピを読み、高収入であれば、妻でも『家事をしたくない』と思うこともあるのだと気づきました。しかし、共働きは、夫婦で家事を分担することが重要です。夫が『男性だから家事はしなくていい』と考えている可能性もあるので、不満に思った今こそ、夫婦で話し合うことが必要ではないでしょうか」

無断転載・複製を禁じます
1438543 0 ピックアップ 2020/09/03 05:20:00 2020/09/03 10:20:44 イラスト・山崎のぶこ https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/08/20200828-OYT8I50015-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ