おばさんもかまって欲しい…大久保佳代子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 職場に大食いアピールをしてくる人がいて困るというトピを見つけました。昼食にオニギリ1個と少量のおかずしか食べないトピ主さんに「午後からまともに働けないよー!」とか「食いしん坊でごめんなさーい(笑)」と言う。その方は痩せているのにトピ主さんの倍以上食べるらしい。

 私の周りにも「昨日、焼き肉5人前ペロッと食べちゃった」と教えてくれるスレンダー女性がいます。目的は明確で「そんなに食べてるのに痩せてて羨ましい!」と言ってほしいだけ。この方の場合、会話の印象からして、おばさんの「かまってちゃんアピール」なのでは。

 私は現在49歳。周りは年下ばかり。話している内容が分からないから仲間に入りたくても入れない状況がよくあります。先日も「夜遊び」かと思ったらアーティストの「YOASOBI」だったことが。なので、おばさんという自虐ポジションで近づき、普遍的な話題である衣食住あたりで会話のチャンスを狙うのです。

 若いスタッフがサラダしか食べていなかったら「そんなんじゃパワーでないよ!」と言うし、肌を露出した服を着ていれば「そんな薄着で、身体が冷えちゃうよ!」とか。特に深い意味などなく、若者とその場限りの会話がしたいだけなのです。この方もトピ主さんと会話がしたいだけなのでは。面倒くさいですが付き合ってあげてもらえると。

 あと、私の個人的データですが、アラフォー&アラフィフでバリバリ働く女性って、本当によく食べます。以前、朝5時集合でテレビ番組の仕事があった時、控室で朝ごはんのおにぎりを食べていたのは、私と阿佐ヶ谷姉妹だけでした。若い女性タレントさんたちは、眠そうな顔でボーッとしていて。おばさんって(たくま)しいのです。 

大久保佳代子(おおくぼ・かよこ)
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの光浦靖子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組やドラマなどに多数出演。主な著書に「美女のたしなみ」(徳間書店)など。
無断転載・複製を禁じます
1467269 0 ピックアップ 2020/09/14 05:20:00 2020/09/14 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200910-OYT8I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ