愛犬の死悲しまない同棲の彼

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

[トピ]愛犬が亡くなったのに悲しんでくれない

 14年間寄り添ってくれた大好きな愛犬が病気で天国に行き、とても悲しいです。でも1年半前から同棲どうせいする彼は、その間愛犬と過ごしていたのに、あまり悲しくなさそう。病気を報告した時は泣いている様子でしたが、死んだ時も特に泣きはせず、その後寝室でいびきをかいて寝ていました。私が泣いていても支えてくれないし、明るく生前の話をしても無視するか、話題を変えます。彼は私の愛犬を愛していなかったのでしょうか?(R)

※トピは⇒こちら

[レス]同調を求めすぎ/男女差はあるかも/気持ちをぶつけて

イラスト・山崎のぶこ
イラスト・山崎のぶこ

◆感情移入しない私

 すみません。私にとって、動物はしょせん動物でしかないです。仮に彼が飼っていたカブトムシが死んだ時、あなたはハラハラ涙を流すのでしょうか? 「犬は私にとって家族同然!」といっても、そうではない人もいます。同調圧力のようで、余計に冷めます。(ペット不可物件)

◆自分と同じ「反応」を求めてはダメです

 彼にも食事が喉を通らないほど悲しんでほしい、夜も眠れないほど泣き暮らしてほしい、と思うんですか? 深い悲しみにのまれているトピ主さんと一緒になって何も手につかなくなるより、気を確かに持ってちゃんと食べて寝て心身健康でいてくれる彼のほうが支えになると思いますよ。(むむた)

◆ごめんなさい、重いです

 トピ主にとって14年来の大切なワンちゃんでも、彼とは1年半。その間に14年分の愛情を彼が育めなくても許してあげてください。あなたがあまりにも深く悲しんでいて、彼は自分も関わると沈痛な気持ちになるからと、離れていたのかもしれません。(犬猫みんな好き)

◆女性は共感して欲しい生き物ですが

 男性は一緒に気持ちに寄り添ってくれたり、悲しんでくれたりすることが少ないような気がします。あなたのことをかわいそうだなあと思っていたとしてもです。愛犬の話を無視され、話題を変えられるのは、話すとあなたがまた悲しんで、落ち込むのがわかってるからです。悲しい思い出話をして、あなたを悲しませたくないのですよ。(レイ)

◆大丈夫ですか?でも彼氏にとってはダブルパンチ…

 病気が発覚した時に泣いたのなら、彼も犬を愛していたんだと思います。でも、あなたから全然悲しんでないみたいに言われ、何もしてくれないと思われることには疲れていそう。犬が死んだことに加えて、彼女から非難もされて、彼にとってはダブルパンチだと思います。泣いてないからといって彼氏に余裕があるかというと、そうでもないような……。(にこ)

◆悲しいですね

 同棲している彼氏が大切な人だからこそ、愛していたワンコを失ったあなたの悲しみに寄り添い、わかってほしいと思うのは普通のことだと思います。なんだか素っ気ない気がして悲しいですね……。今、思っている気持ちを正直にぶつけてみてはどうですか? もしトピ主さんの中でひっかかったままなら、今後お付き合いをしていくなかで、ひとつのわだかまりになると思います。(すずめ)

◆わかるよ、トピ主さんの気持ち

 私が問題だな、と思うのは、トピ主さんが感じるように、やはり彼がトピ主さんの悲しい気持ちをわかっていないところです。思いやりがないなぁと思いますね。彼自身は悲しくなくてもいい。でも、トピ主さんのそばにいて話を聞くとか、慰めるとかはできると思うのですが。その彼とのお付き合いはちょっと考えものですね。(犬好子)

◆落ち着いたら、話をしてみたら?

 今は自分の中で愛犬の死を受け止めることに専念しようよ。そうやってトピ主が愛犬と向き合うことが一番の供養になるんだろうから。で、受け止められるようになって気持ちが落ち着いたら、彼と話をしてみたらいいんじゃないかな。それまでは彼のことは一切保留。どうごまかしても、今のトピ主は感情に走っちゃう可能性が高い。それじゃあ、お互い傷つくだけだからね。(渡月橋)

悲しみ方もそれぞれ

 「日本ペットロス協会」代表理事、吉田千史さんの話 「心の頼りにしている人が自分の支えになってくれず、苦しいですね。ただ、彼も悲しくなるから思い出したくなかったり、あなたに何と声を掛けたらいいのかわからなかったりしているのかもしれません。一般的に、ペットロスは女性の方が深刻になりやすく、男性の方が回復が早いと言われています。彼に自分と同じように悲しんでほしいというようには思わずに、『この人にはこの人なりの悲しみ方がある』と考えるようにしてみてはいかがですか」

無断転載・複製を禁じます
1467307 0 ピックアップ 2020/09/17 05:20:00 2020/09/17 05:20:00 9月4日付発言小町「愛犬が亡くなったのに悲しんでくれない」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200910-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
2000円1900円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ