「恥ずかしい」減らせば気楽…光浦靖子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今回気になったトピは、社員食堂の意地悪なおばさんについて。食堂のご飯には大盛り、普通、小とあり、器のサイズが違うそうです。トピ主さんはいつも小を頼むのですが、そのおばさん、トピ主さんにはいつも2口くらいしかよそってくれず、「もう少し多めに」と頼むと、「だったら普通を頼め」と返された、と。男性の目があるため、トピ主さんは普通を頼めないそうです。

 面白い! おばさんの意地悪の意図がわからないし、トピ主さんの「女性は小ライス」という呪いから逃れられないのも面白い!

 私だったら平気で普通を頼めるし、なんなら友人に小を頼んでもらい、それと比べながら「私の少なくない?」とおばさんに文句言えるし。恥ずかしいと思うことが減ると、びっくりするくらい生きやすくなります。

 私は子供の頃、お腹(なか)が弱いのに、恥ずかしくてトイレに行けませんでした。冬は鼻水が出るのに、恥ずかしくて鼻をかめませんでした。買い物に行き、お釣りが少なくても何も言えませんでした。病院の待合室で名前を呼ばれず、じっと待っていたら診察が終わってしまいました。うーん……こんな話じゃないな……。

 昔、飯島愛ちゃんが私に言ったんです。「光浦、おめーの『恥ずかしい』に、そんなに価値ねーぞ」と。私は、ヘレン・ケラーの「ウォ、ウォ、ウォ、ウォーター」のようになりました。私の臆病なところ、言い訳するところ、色んな負の部分がスコーンと線になった瞬間でした。この言葉で、私はだいぶ楽になりました。この言葉は、今でも勇気になります。

 アナタにもこういう優しくてガサツな友達がいたらいいですね。社食で大盛り食べてたら、絶対笑ってくれますよ。

光浦靖子(みつうら・やすこ)
 タレント。1971年、愛知県生まれ。幼なじみの大久保佳代子さんとお笑いコンビ「オアシズ」結成。バラエティー番組などに多数出演するほか、趣味の手芸で個展を開くなど多方面で活躍。
無断転載・複製を禁じます
1552981 0 ピックアップ 2020/10/19 05:20:00 2020/10/19 05:20:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/10/20201016-OYT8I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ